■Lucy Dacus | 米リッチモンドの若きSSW、ルーシー・ダカス。 「このアルバムは当に我々が必要とするもの」と全米で大絶賛を浴びるデビュー・アルバム『ノー・バーデン』、リリース。



2016.5.18 ON SALE

米リッチモンドの若きSSW、ルーシー・ダカス。
「このアルバムは当に我々が必要とするもの」と全米で大絶賛を浴びるデビュー・アルバム『ノー・バーデン』、リリース。


LUCY DACUS
“NO BURDEN”

ルーシー・ダカス『ノー・バーデン』
■品番:EHR014J[国内流通仕様]■価格:¥2,200+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
1. I Don't Wanna Be Funny Anymore
2. Troublemaker Doppelgänger
3. Green Eyes, Red Face
4. Strange Torpedo
5. Dream State...
6. Trust
7. Map On A Wall
8. Direct Address
9. Familiar Place

Lucy Dacus - "I Don't Wanna be Funny Anymore" (Official Music Video)


『No Burden』はシンガーソングラーター、Lucy Dacusのデビュー・アルバムだ。アルバムは2015年のとある日に、プロデューサーでエンジニア、そして彼女の友達でもあるCollin Pastoreよってナッシュヴィルでレコーディングされた。ドラムはHayden Cotcher、ベースはChristine Moad、ギターはJacob Blizardがプレイ。マスタリングはWest West SideのAlan Douchesが手掛けた。Lucy Dacusは僅か20才の若さで既に地元のヴァージニア州リッチモンドでは大きな人気を博しており、素晴らしくユニークなそのヴォーカルに注目が寄せられている。彼女への関心は全米規模に拡大しつつあり、Rolling Stoneは”10 New Artists You Need to Know”の一人にLucyを選出。The Faderのジャーナリストは”今年注目すべき20のアーティスト”に彼女をピックアップし、「彼女の声は今までに聴いたことがないほどに美しい」と絶賛している。2016年2月末にUSで発売されたアルバムは現在大絶賛を浴びており、SPINは作品をアルバム・オブ・ザ・ウィークに選出。Pitchforkはレヴューで7.8点の高得点を与え、Noiseyは「このアルバムは当に我々が必要とするもの」と大絶賛している。アルバムのリリースにあわせ、2016年の春から夏にかけ、彼女は北米ツアーをおこなう。




スポンサーサイト
2016-04-15 : Lucy Dacus :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム