fc2ブログ

■DaM-FunK | デイム・ファンク『DJキックス』の全曲ストリーミングが開始!



6月2日に発売されるデイム・ファンクによる『DJキックス』の全曲ストリーミングが開始しました!
>>> http://www.dj-kicks.com/damfunk/






2016.6.2 ON SALE

DJミックス・シリーズの金字塔に、モダン・ファンクのパイオニア、デイム・ファンクが参戦!


DAM-FUNK
“DJ-KICKS”

デイム・ファンク『DJキックス』
■品番:!K7CDJ332
■価格:¥1,980+税
■その他: 大前至氏による日本語解説付

【アーティスト / 収録曲目】
1. Moon B - Oof
2. Nicci Gable - Close To Who?
3. Randell & Schippers - Love Jam
4. Verticle Lines - Theme From Beach Boy
5. Brandon - Suzy Hijack
6. Take Three - Tonite’s The Night (All Right)
7. Index - Starlight
8. Uncle Jams Army - Dial-A-Freak
9. Gemini - Log In
10. Nexus - Stand Up (Instrumental)
11. Reggie B - Poison Candy
12. L33 - Keepin It Tight
13. Gaussian Curve - Broken Clouds
14. Tony Palkovic - True To Yourself
15. Henning - Arrival / Departure
16. Nite-Funk - Can U Read Me?
17. DaM-FunK - Believer *DJ-KICKS Exclusive
18. True Design - I Wanna Break
19. Crystal Winds - Funk Ain't Easy

●モダン・ファンクのパイオニア、デイム・ファンクによる初のオフィシャル・ミックス!!
●デイム・ファンクの音楽性の源泉ともいえるディスコ/ブーギー・クラシックから、現行プロデューサーによるモダン・ファンクの隠れた傑作など、さまざまな時代の楽曲をスムースに繋いだ、アーバン・メロウの究極ともいえる「デイムらしい」極上の内容!!
●デイム・ファンクによるこのミックスだけのエクスクルーシヴ・トラック“Believer”(トラック17)を収録!

まさか!に次ぐまさか!! 驚愕のムーディーマンからバトンを渡されたのは、なんとディム・ファンク!!!
2016年の一発目を、まさかのムーディーマンでスタートしたDJ-KICKS。次のDJが誰なのか、否が応でも高まる期待に対し、これ以上ないほど応える人物が登場。モダン・ファンクのパイオニアとして、ゼロ~テン年代の音楽シーンに地殻変動を起こした最重要人物、デイム・ファンク!! 昨年リリースしたアルバム『Invite The Light』で再びシーンにモダン・ファンクの光を灯した彼が、追い打ちをかけるように今度はDJとして世界中に本物のファンクを供給。モダン・ファンクの約束の地として知られ、今年の7月に10周年を迎える主宰パーティー「Funkmosphere」にて、DJとしてディスコからブーギー、ローラー・スケート・ジャムまで幅広い音楽をスピンしてきた彼が、その集大成として、持てるミックス・センスや豊かな知識、誰にも負けない音楽愛を存分に注ぎ込んで完成させたこのミックス。それは、彼の音楽に対するマインドを捉え、その生み出す音楽の背景にある影響源やテイストのレシピに深く迫る、まるで「モダン・ファンク」の誕生秘話を読み解くような気持ちにさせる極上の内容に!! ヘニングやL33といった知る人ぞ知る現行プロデューサーによる隠れたインスタント・クラシック(12)、(15)から、80ズ・フュージョンのギタリスト、トニー・パルコヴィックのブーギー・フュージョン(14)、デイムのヴァイナル・コレクターとしての側面を覗かせる1982年産の超激レア・メロウ・ファンク(4)、LAの女性シンガー、ナイト・ジュウェルとデイム・ファンクのユニット:ナイト・ファンクによるメロウネスが凝縮されたサンセット・クラシック(16)、そしてもちろん、DJ-KICKSの伝統である「ここでしか聴けない」エクスクルーシブ・トラックである新曲(17)といった新旧のブーギー/モダン・ファンクを、リスナーが思わず没頭してしまうほどスムースに繋いだこの80分に、アーバン・メロウの究極が詰まっています。もう本当キモチよすぎ。





スポンサーサイト



2016-05-26 : !K7 :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム