■Loungedelic | シネマティック・ミュージック、テクス・メクス、スペース・ロックをミックスしたサウンドを鳴らすロンドンのジャム・バンド、ラウンジデリック。ガウディのプロデュースによるデビュー・アルバム『ホース・ライディング・トゥ・ジュピター』が完成。



2017.4.5 ON SALE

シネマティック・ミュージック、テクス・メクス、スペース・ロックをミックスしたサウンドを鳴らすロンドンのジャム・バンド、ラウンジデリック。ガウディのプロデュースによるデビュー・アルバム『ホース・ライディング・トゥ・ジュピター』が完成。


■アーティスト:LOUNGEDELIC(ラウンジデリック)
■タイトル:HORSE RIDING TO JUPITER(ホース・ライディング・トゥ・ジュピター)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番: GQM062J [国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目:
1. Horse Riding to Jupiter
2. A New Sphere
3. Sushi Euporie
4. Waiting
5. Down by Right
6. Tropical Dark Café
7. Mud Cutters
8. Ludere

Loungedelic "Horse Riding to Jupiter" (Minimix)


Loungedelicは、ロンドンをベースに活動するインストゥルメンタルのジャム・バンドだ。バンドの中心人物はギタリストのPippo de Palmaで、シネマティック・ミュージック、テクス・メクス(アメリカ南部のメキシコ系音楽)、スペース・ロックをミックスしたサウンドを鳴らす。Pippo de Palmaはイタリアのバンド、Alixの元メンバーで、Alixはイギリスでおこなわれたオール・トゥモローズ・パーティーズでもプレイ。ラスト・アルバムは、Steve Albiniによってプロデュースされた。Loungedelicは、Pippo de Palmaがベース・プレイヤーでプロデューサーのTiago Dias、ドラマーでプロデューサーのNikolaj Bjerre、そしてヴィジュアル・アーティストのStefano Terranova(aka Telenova)に出会ったことから始まった。そして、2014年、バンドはプロデューサーのGAUDI(レゲエ、ダブをベースにしたダンスミュージックを鳴らす人気ミュージシャン/プロデューサー。世界中のダンスフリークから支持される)との活動開始。当デビュー・アルバム『Horse Riding To Jupiter』を完成させた。




スポンサーサイト
2017-02-21 : Proper Music Distribution :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム