■Maximo Park | マキシモ・パークの約3年振りとなる新作『リスク・トゥ・イグジスト』、好評発売中です。



Maximo Park Album Preroll








2017.4.26 ON SALE

マキシモ・パークの約3年振りとなる新作『リスク・トゥ・イグジスト』、リリース。シカゴにあるウィルコのスタジオ、ザ・ロフトでレコーディングされた、バンドとトム・シック(ウィルコ、ベック他)の共同プロデュースによる6枚目のアルバム。ロウのミミ・パーカーがゲスト参加。


■アーティスト:MAXIMO PARK(マキシモ・パーク)
■タイトル:RISK TO EXIST(リスク・トゥ・イグジスト)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:COOKCD654J(通常盤)/ COOKCD654XJ(2枚組限定盤)[国内流通仕様]
■価格:¥2,000+税(通常盤)/ ¥2,200+税(2枚組限定盤)
■その他:解説付
■収録曲目:
(通常盤)
1. What Did We Do To You To Deserve This?
2. Get High (No, I Don't)
3. What Equals Love?
4. Risk to Exist
5. I'll Be Around
6. Work And Then Wait
7. The Hero
8. The Reason I Am Here
9. Make What You Can
10. Respond To The Feeling
11. Alchemy
(2枚組限定盤)
[Disc 1]
1. What Did We Do To You To Deserve This?
2. Get High (No, I Don't)
3. What Equals Love?
4. Risk to Exist
5. I'll Be Around
6. Work And Then Wait
7. The Hero
8. The Reason I Am Here
9. Make What You Can
10. Respond To The Feeling
11. Alchemy
[Disc 2]
1. Sharp Tongue (Bonus Track)
2. A Brief Dream (Bonus Track)
3. All Been Done Before (Bonus Track)
4. Work And Then Wait (Acoustic Version)
5. Risk to Exist (Acoustic Version)
6. Get High (No, I Don’t) (Acoustic Version)
7. I'll Be Around (Piano Version)


Maximo Park - Risk to Exist (Official Video)


●Maximo Park は6枚目のスタジオ・アルバム『Risk To Exist』をリリースする。彼等のレードマークでもあるフックのあるメロディと緊迫感を、狂ったようなロック・サウンドとソウルフルなグルーヴ、そして絶妙なポップ感を持って融合したこの作品は、必ずや我々の時代の重要な1枚となるであろう。
●「究極的には、共感についてのアルバムだ。幾つかの曲は連帯に対してのシンプルなメッセージで、その他の曲は、イギリスの社会が持つエリート主義や確立された秩序に対しての怒りの曲だ。全体を通して力に対しての疑問が存在し、我々の社会を構造化する別の方法が不平等を和らげるためにあるべきだ、といった感覚も存在してい。音楽的には、今までのアルバムよりソウルフルかつグルーヴィーで、スペースを生かしたアレンジとなっている。偉大なポップ・メロディを持ったイギリスの状況を反映した曲を揃える、というのが中心的なアルバムのアイデアだった」とフロントマンのPaul Smithは言う。
収録された曲は、リスナーに対して上から目線で語ることなく、大きな問題について語っている。政治的であることは時として個人的でもある、ということを示したアルバムなのだ。アルバムからのリード・シングルは、タイトル・トラックでもある「Risk To Exist」で、ローリングするスネア・ドラムと大きなコーラスを持った3分半のインディ・パンクとして仕上がった。アルバムはバンドとTom Schick(Wilco、Beck、White Denim他)の共同プロデュースだ。地元で曲を書いた後、2016年の秋、バンドはシカゴにあるWilcoのスタジオ、The Loftへと向かった。アルバムは完全にライヴ・レコーディングされ、2014年にリリースされたトップテン・アルバム『Too Much Information』から大胆に前進した。高く評価されているアメリカのバンド、LowのMimi Parkerも参加。リード・トラック「Risk To Exist」を含む5曲で、そのヴォーカルを聴かせている。
●アルバムは2017年4月、Daylighting/Cooking Vinylよりリリースされる。

【Maximo Park(マキシモ・パーク)】
Maximo Parkは2000年にイギリスのニューカッスル・アポン・タインで結成された。現在のメンバーはPaul Smith(Vo)、Duncan Lloyd(G)、Lukas Wooller(Key)、Tom English(Dr)の4人。『A Certain Trigger』(2005年 / 英アルバム・チャート15位)、『Our Earthly Pleasures』(2007年 / 英アルバム・チャート2位)、『Quicken The Heart』(2009年 / 英アルバム・チャート6位)、『The National Health』(2012年 / 英アルバム・チャート13位)、『Too Much Information』(2014年 / 英アルバム・チャート7位)と現在までに5枚のアルバムをリリースし、計150万枚の売り上げを記録している。『A Certain Trigger』と『Our Earthly Pleasures』はイギリスでゴールド・ディスクを獲得。『A Certain Trigger』はマーキュリー・プライズにもノミネートされている。




スポンサーサイト

2017-05-03 : Maximo Park :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム