■Fred Hersch | 現代ジャズ・シーン界最重要ピアニスト、フレッド・ハーシュ。2016年秋にソウルで行なったソロ・コンサートがあまりにも印象的だったため音源の作品化をハーシュが熱望、さらにその時の感覚を呼び起こすため翌2017年春に再び同じホールに戻り追加録音した奇跡のインプロヴィゼーションに満ち溢れるハーシュ渾身の最新作!




▶取扱い中止

2017.9.13 ON SALE

現代ジャズ・シーン界最重要ピアニスト、フレッド・ハーシュ。2016年秋にソウルで行なったソロ・コンサートがあまりにも印象的だったため音源の作品化をハーシュが熱望、さらにその時の感覚を呼び起こすため翌2017年春に再び同じホールに戻り追加録音した奇跡のインプロヴィゼーションに満ち溢れるハーシュ渾身の最新作!


■アーティスト:FRED HERSCH(フレッド・ハーシュ)
■タイトル:OPEN BOOK(オープン・ブック)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:PM2186CDJ[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目:
1. THE ORb
2. Whisper Not
3. Picture in Black and White
4. Through The Forest
5. Plainsong
6. Eronel
7. And So It Goes

「2016年の秋、トリオ編成で私はアジアをツアーしていた。バンド編成での演奏が休みの時、ソウルにあるJCC Art Center Concert Hallでソロのショーを二度おこなった。まだ時差ボケがあったけど、午後4時にぼくはステージにむかった。その時、いつもと違った感覚を持った。それから、私は、20分ほどの間、特別なアジェンダや事前の構想なしに、自分に降り注いできたものを即座にインプロヴァイズし始めた。数週間後、その時レコーディングされたものが送られてきた時、何か特別な感覚を持った。しかし、その時にレコーディングされたマテリアルでは、アルバムを完成させるには十分ではなかった。2017年4月、同じホールに私は戻った。そして以前のインプロヴィゼーションにフィットするであろ”Through The Forest”という曲をレコーディングした。このアルバムはこうしたソウルでの経験から生まれたアルバムだ」

【Fred Hersch / フレッド・ハーシュ】
Fred Hersch(1955年生まれ)は米オハイオ州シンシナティ出身のジャズピアニスト/作曲家。1977年、ボストンのニューイングランド音楽院を卒業するとニューヨークに移り、アート・ファーマーやジョー・ヘンダーソンらのバンドで活動を開始。ビル・エヴァンス系白人ピアニストの最右翼と目され1990年代最もニューヨークのジャズ・シーンで輝いたピアニストだったが、感染していたHIVにより2008年に深刻な昏睡状態に陥った。しかし2010年奇跡的にカムバック。グラミー賞にも複数回ノミネートされ、ジャズのスタンダードの再解釈等で後のピアニストに多大な影響を与える現代最高峰のジャズ・ピアニスト。





スポンサーサイト
2017-06-27 : Proper Music Distribution :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム