■The Professionals | 元セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズとポール・クックが結成したザ・プロフェッショナルズの36年振りとなる新作が完成。ポール・クックとポール・マイヤーズにトム・スペンサーを加えたラインナップで、スティーヴ・ジョーンズもレコーディングに参加したセカンド・アルバム『ホワット・イン・ザ・ワールド』、遂にリリース。ゲスト:ダフ・マッケイガン(ガンズ・アンド・ローゼズ)、ミック・ジョーンズ(ザ・クラッシュ)、フィル・コリン(デフ・レパード)、マルコ・ピローニ(アダム&ジ・アンツ)、クリス・マコーマック(3カラーズ・レッド)、ビリー・ダフィー(ザ・カルト)



2017.11.2 ON SALE

元セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズとポール・クックが結成したザ・プロフェッショナルズの36年振りとなる新作が完成。ポール・クックとポール・マイヤーズにトム・スペンサーを加えたラインナップで、スティーヴ・ジョーンズもレコーディングに参加したセカンド・アルバム『ホワット・イン・ザ・ワールド』、遂にリリース。
ゲスト:ダフ・マッケイガン(ガンズ・アンド・ローゼズ)、ミック・ジョーンズ(ザ・クラッシュ)、フィル・コリン(デフ・レパード)、マルコ・ピローニ(アダム&ジ・アンツ)、クリス・マコーマック(3カラーズ・レッド)、ビリー・ダフィー(ザ・カルト)


■アーティスト:THE PROFESSIONALS(ザ・プロフェッショナルズ)
■タイトル:WHAT IN THE WORLD(ホワット・イン・ザ・ワールド)
■品番:AUTOMCD001J
■定価:¥2,200+税
■その他:解説付
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Good Man Down (feat. Steve Jones & Billy Duffy)
2. Let Go (feat. Phil Collen)
3. Going, Going, Gone (feat. Steve Jones & Billy Duffy)
4. Extremadura (feat. Mick Jones & Victoria Liedtke)
5. Rewind (feat. Phil Collen)
6. Hats Off (feat. Duff McKagen & Chris McCormack)
7. New Generation (feat. Marco Pirroni)
8. Take Me Now (feat. Steve Jones, Billy Duffy & Marco Pirroni)
9. Bad Baby (feat. Terri Cook)
10. Monkeys (feat. Duff McKagen & Phil Collen)

The Professionals - Good Man Down (Lyric Video)


The Professionals - A new album is coming!


●Sex PistolsのPaul CookとSteve Jonesによって結成されたThe Professionalsが35年振りに帰ってくる。1981年にリリースされたデビュー・アルバム『I Didn't See It Coming』に続く通算2枚目のアルバム『What In The World』が2017年秋、Automaton Recordsより遂にリリースされる。
●Vic GodardのSubway Sectのメンバーとして再び同じステージに立った時、Paul CookとPaul MyersにはThe Professionalsを再結成するアイデアが浮かんだ。新しいフロントマンでギターのTom Spencer(The Lurkers、The Yo-Yos、The Dogs D'Amour他)がリハーサルに呼ばれ、歌を歌い、ギターをプレイ。こうして新しいバンドのラインナップが生まれた。一方、Steve Jonesもイギリスへ呼び戻され、アルバムのレコーディングに参加。オフィシャルにバンドのメンバーには加わらないが、アンセミックなオープニング・トラック「Good Man Down」他、アルバム収録の全10曲のうち3曲でプレイ。そのレジェンダリーなギターもフィーチャーされることとなった。またDuff McKagen(Guns ‘n’ Roses)、Mick Jones(The Clash)、Phil Collen(Def Leppard)、Marco Pirroni(Adam & The Ants)、Chris McCormack(3 Colours Red)、Billy Duffy(The Cult)という豪華ゲストも参加。
●アルバムのベーシック・トラックはZak Starkey(The Who、Oasis)のスタジオでレコーディングされ、パーショアのTower Studiosで完成した。また、ゲストのパートはイギリスやアメリカの様々なスタジオでレコーディングされた。アルバムはDave Draper(Dodgy、Kerbdog他)とPaul Cook、そしてTom Spencerの共同プロデュース。

【The Professionals / ザ・プロフェッショナルズ】
The Professionalsは共にSex PistolsのメンバーであったギタリストのSteve JonesとドラマーのPaul Cookによって、1979年に結成された。ベースにAndy Allanを加え、1980年にシングルを数枚リリースした後、バンドは同年にデビュー・アルバムをリリースする予定であった。しかし、Andy Allanの契約上の問題でそれは実現せず、Andy Allanはバンドを脱退。代わってPaul Myersが参加し、セカンド・ギタリストとしてRay McVeighを加え、デビュー・アルバム『I Didn't See It Coming』を1981年にリリースした。しかし、ドラッグの問題等で翌1982年、僅かアルバム1枚のリリースでバンドは解散してしまう。2015年、コンピレーション・アルバム『The Complete Professionals』のリリースにともない、Steve Jonesの代わりにTom Spencerを加えた形でバンドは再結成し、ライヴを実施。2017年にはPaul Cook、Paul Myers、Tom Spencerのラインナップで36年振りとなるアルバムをリリースすることを発表。Steve Jonesはオフィシャルにはバンドのメンバーには加わらないがレコーディングには参加することもアナウンスされた。




スポンサーサイト
2017-09-20 : The Professionals :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム