■Brand New | 2017年8月、8年振りとなる5枚目のアルバム『サイエンス・フィクション』を突如リリースした孤高のエモ・バンド、ブラン・ニュー。 デジタル販売のみで全米1位を獲得し、バンドにとってのラスト作とも噂されるこのアルバムが遂にフィジカルでリリース。



2017.12.6 ON SALE

2017年8月、8年振りとなる5枚目のアルバム『サイエンス・フィクション』を突如リリースした孤高のエモ・バンド、ブラン・ニュー。
デジタル販売のみで全米1位を獲得し、バンドにとってのラスト作とも噂されるこのアルバムが遂にフィジカルでリリース。

★ダウンロード/ストリーミングのみで全米アルバム・チャートの1位を獲得
・自主リリースで全米1位を獲得した2017年初のアルバム
・フィジカル・リリースなしで全米1位を獲得した2017年初のロック・アルバム
・Linkin Park『One More Light』、Arcade Fire『Everything Now』に続く今年3枚目の全米1位を獲得したロック・アルバム
★ピッチフォークのベスト・ニュー・アルバム獲得
・M5「Same Logic/Teeth」はベスト・ニュー・トラックを獲得
★エモの『アビイ・ロード』 by Uproxx
・Brand New’s Great Would-Be Swan Song ‘Science Fiction’ Is The Emo ‘Abbey Road’


■アーティスト:BRAND NEW(ブラン・ニュー)
■タイトル:SCIENCE FICTION(サイエンス・フィクション)
■品番:OTCD-6273
■定価:¥2,300+税
■その他:解説/歌詞/対訳付
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Lit Me Up / リット・ミー・アップ
2. Can’t Get It Out / キャント・ゲット・イット・アウト
3. Waste / ウェイスト
4. Could Never Be Heaven / クッド・ネヴァー・ビー・ヘヴン
5. Same Logic/Teeth / セイム・ロジック/ティース
6. 137 / 137
7. Out Of Mana / アウト・オブ・マナ
8. In The Water / イン・ザ・ウォーター
9. Desert / デザート
10. No Control / ノー・コントロール
11. 451 / 451
12. Batter Up / バター・アップ

●2017年8月18日、Brand Newは8年の沈黙を破り通算5枚目となるニュー・アルバム『Science Fiction』をダウンロード/ストリーミングでリリースした。バンド自身のレーベル、Procrastinate! Music Traitorsよりリリースされた当作は、全米チャートの1位を獲得。自主リリースのアルバムが全米1位を獲得したのは今年初で、フィジカルのリリースなしで1位を獲得した2017年初のロック・アルバムともなった。そして10月20日、この歴史的な作品はフィジカル(CD/LP)でもリリースされる。
●2017年8月15日、バンドはインスタグラムで2017年10月にニュー・アルバムをリリースすることを突如発表。オフィシャル・サイトではニュー・アルバムの予約が開始された。8月17日には、ニュー・アルバムの限定アナログ盤の予約者500名に『44.5902N104.7146W.』と題された1曲入り61分のCDが送付された。この<44.5902N104.7146W.>は、1977年のスティーヴン・スピルバーグ監督の映画『未知との遭遇』で宇宙船の降りる場所として描かれたデビルズタワーの座標値で、この音源をファンの一人がライヴ・ストリーム。それをShazamで確認すると、アルバム・タイトル『Science Fiction』とアート・ワーク、そして収録曲目の一部が明らかとなり、『44.5902N104.7146W.』はニュー・アルバム『Science Fiction』であることが判明した。翌8月18日、バンドはアルバムのダウンロード販売を開始。アルバムはダウンロード/ストリーミングのみで全米アルバム・チャートの1位を獲得した。こうして『Science Fiction』は、Linkin Parkの『One More Light』とArcade Fireの『Everything Now』に続く今年3枚目の全米1位を獲得したロック・アルバムとなり、フィジカルのリリースなしで1位を獲得した2017年初のロック・アルバムにもなった。また、今年初めて全米1位を獲得したセルフ・リリース作ともなった。メディアもアルバムを絶賛。Pitchforkは「Same Logic/Teeth」をベスト・ニュー・トラック、アルバムをベスト・ニュー・アルバムに選び、Uproxxは『Science Fiction』を<emo『Abbey Road』>と評した。
●Brand Newのニュー・アルバムの制作は困難を極めていた。幾度となくレコーディングは頓挫し、Interscopeからもドロップ。2016年に発売されたバンドのTシャツには「BRAND NEW 2000-2018」とプリントされ、新しいアルバムをリリースしないまま2018年にバンドは解散する、との噂も流れていた。こうして8年の年月を経て完成した『Science Fiction』は、ドラマチックでエモーショナル、且つダークでヘヴィーな感動的な作品となった。これがバンドにとってのラスト作になるかは定かではない。しかし、この『Science Fiction』で彼らが先のない高みまで昇り詰めてしまったのは紛れもない事実だ。


Brand New - "Same Logic/Teeth"


【Brand New / ブラン・ニュー】
Brand Newはニューヨーク州ロングアイランドで2000年に結成された。現在のメンバーはJesse Lacey(Vo/G)、Vincent Accardi(G)、Garrett Tierney(B) 、Brian Lane(Dr)の4人。2001年にTriple Crown Recordsよりデビュー・アルバム『Your Favorite Weapon』をリリース。アルバムはポップな楽曲が収録されたエモの作品として、シーンの界隈では話題となった。2003年にはセカンド・アルバム『Deja Entendu』をリリース。前作からサウンド的な変化をとげ、ダークでよりエモーショナルとなったこの作品は大きな評価を獲得。2枚のシングル(「The Quiet Things That No One Ever Knows」「Sic Transit Gloria... Glory Fades」)は英シングル・チャートでトップ40ヒットを記録し、アルバムは全米でゴールド・ディスクとなった。メジャーのInterscope Recordsに移籍したバンドは、2006年にサード・アルバム『The Devil and God Are Raging Inside Me』をリリース。様々なジャンルを呑み込み、更にダークでヘヴィー、そして精神性の世界に深く入っていったこのアルバムは、商業化したエモへの大きなアンチテーゼとなり、全米チャートの31位を記録。バンドはエモというジャンルを超え、独自の領域へ足を踏み入れることとなった。2009年には4枚目のアルバム『Daisy』をリリース。前作をより深化させたこの作品は、全米チャートの6位を記録し、バンドは完全に孤高の存在へと昇り詰めた。その後、Brand Newは5枚目のアルバムの制作に入るも、幾度となく作業は頓挫し、Interscopeからもドロップ。2016年に発売されたバンドのTシャツには「BRAND NEW 2000-2018」とプリントされ、新しいアルバムをリリースしないまま2018年にバンドは解散する、との噂が流れていた。


100/100 Sputnikmusic


100/100 The 405


91/100 Consequence of Sound


90/100 The Line of Best Fit


90/100 Spin


83/100 The A.V. Club


83/100 Pitchfork




80/100 Q Magazine
80/100 Kerrang!
80/100 The Skinny


80/100 Classic Rock Magazine


80/100 Punknews.org (Staff)


70/100 Exclaim


(Positive) Billboard


(Positive) Stereogum


(Positive) Uproxx


(Positive) Vice






スポンサーサイト
2017-10-12 : Brand New :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム