■Field Music | ピーター&デヴィッド・ブリューイズ兄弟による英サンダーランドのバンド、フィールド・ミュージックの新作が完成。あのプリンスも支持し、英トップ40ヒットを記録した前作から2年、通算6枚目となるアルバム『オープン・ヒア』が遂にリリース。



2018.2.7 ON SALE

「美しい・・・そして奇妙」(プリンス)
ピーター&デヴィッド・ブリューイズ兄弟による英サンダーランドのバンド、フィールド・ミュージックの新作が完成。あのプリンスも支持し、英トップ40ヒットを記録した前作から2年、通算6枚目となるアルバム『オープン・ヒア』が遂にリリース。


■アーティスト:FIELD MUSIC(フィールド・ミュージック)
■タイトル:OPEN HERE(オープン・ヒア)
■品番:MI0476CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,000+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Time In Joy
2. Count It Up
3. Front Of House
4. Share A Pillow
5. Open Here
6. Goodbye To The Country
7. Checking On A Message
8. No King No Princess
9. Cameraman
10. Daylight Saving
11. Find A Way To Keep Me

「美しい・・・そして奇妙」(プリンス)
●Peter BrewisとDavid Brewisの兄弟によるバンド、Field Musicは2月に6枚目のアルバム『Open Here』をリリースする。これはUKトップ40ヒットを記録した前作『Commontime』から約2年振りの作品となる。
●2016年にリリースされた前作『Commontime』はUKトップ40ヒットを記録。リード・シングル「The Noisy Days Are Over」はPrinceも支持し、自身のTwitterで同曲のリンクをツイートした。『Commontime』に関して、David Brewisは、Field Musicを構成するすべての要素を蒸留したようなアルバム、と語っているが、当『Open Here』はそれとは逆の方向に向かった作品となった。レコーディングは外界から遮断された川のほとりにある二人のスタジオでレコーディングされた。このスペースにはSarah Hayes(flute、piccolo)、Liz Corney(vocals)、Pete Fraser(saxophone)、Simon Dennis(trumpet、flugelhorn)、Cornshed Sisters合唱団、そしてEd Cross、Jo Montgomery、Chrissie Slater 、Ele Leckieの4人からなるストリングスのカルテット、といった大勢のミュージシャンが集まった。結果、『Open Here』は、過去のどの作品よりも規模が大きく壮大なアルバムとなったのだ。
「『Open Here』は全てのField Musicの要素を拡張したようなアルバムだ。あたかも、何処まで行けるのかを見極める為、全ての方向性を追いかけたような感じだ」とDavid Brewisは語っている。

New album Open Here、ティーザー


【FIELD MUSIC / フィールド・ミュージック】
Field Musicは英サンダーランド出身のバンドで2004年に結成された。バンドのコアメンバーはPeter BrewisとDavid Brewisの兄弟で、2005年にアルバム『Field Music』でデビュー。2007年にセカンド・アルバム『Tones Of Town』をリリースした後、バンドは休止状態に入るも、2010年に2枚組の傑作サード・アルバム『Field Music (Measure)』をリリース。商業的にも成功を収め、その人気を確固たるものとした。2012年には4枚目のアルバム『Plumb』をリリース。アルバムはメディアに絶賛され、その年のマーキュリー・プライズにもノミネートされた。2016年には5枚目のアルバム『Commontime』をリリース。リード・シングル「The Noisy Days Are Over」はPrinceも支持。自身のTwiiterで同曲のリンクをツイートし、アルバムはUKトップ40ヒットを記録した。




スポンサーサイト
2017-11-14 : Field Music :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム