FC2ブログ

■Pugwash | アンディ・パートリッジ(XTC)、ニール・ハノン(ディヴァイン・コメディ)、ベン・フォールズ等との活動でも知られるアイルランドのシンガーソングライター、トーマス・ウォルシュのバンド、パグウォッシュ。ジェイソン・フォークナーが全面参加しプロデュースも担当した7枚目のアルバム『シルヴァーレイク』が完成。



2018.2.7 ON SALE

アンディ・パートリッジ(XTC)、ニール・ハノン(ディヴァイン・コメディ)、ベン・フォールズ等との活動でも知られるアイルランドのシンガーソングライター、トーマス・ウォルシュのバンド、パグウォッシュ。ジェイソン・フォークナーが全面参加しプロデュースも担当した7枚目のアルバム『シルヴァーレイク』が完成。


■アーティスト:PUGWASH(パグウォッシュ)
■タイトル:SILVERLAKE(シルヴァーレイク)
■品番:LJX111CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,100+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The Perfect Summer
2. What Are You Like
3. Why Do I
4. Better Than Nothing At All
5. Without You
6. Sunshine True
7. Everyone Knows That You're Mine
8. Make It Yourself
9. Such A Shame
10. Easier Done Than Said
11. Autarch
12. Deeper Deeper (CD Bonus Track)

Pugwashはアイルランドのドリムナ出身のThomas Walshによるバンドだ。Thomas WalshはXTCのAndy Partridgeの影響を受け、自宅でレコーディングを始める。アイルランドの音楽誌でデモ音源が評価され、これを機にプロデューサーのKim FowleyやシンガーソングライターのAndy Whiteと仕事をすることになる。一方、Pugwashとしてのレコーディングも本格化させ、1997年にVélo Recordsと契約。1999年にデビュー・アルバム『Almond Tea』、2002年にはJason Falknerも参加したセカンド・アルバム『Almanac』をリリースしている。2005年のサード・アルバム『Jollity』では、アルバムのストリングスのアレンジをXTCのDave Gregoryに依頼。これを機に、XTCのAndy Partridgeもアルバムに参加。こうして2005年にアルバム『Jollity』は1969 Recordsよりリリースされ、大きな評価を獲得した。2008年には4枚目のアルバム『11 Modern Antiquities』をリリース。このアルバムにはJason FalknerやThe Divine ComedyのNeil Hannonも参加した。2009年にはAndy Partridgeのレーベル、Ape Houseより、過去の楽曲からコンパイルされたコンピレーション・アルバム『Giddy』をリリース。2011年にはAndy Partridge、Dave Gregory、Neil Hannon、Ben Folds等が参加した5枚目のアルバム『The Olympus Sound』をEMI Irelandよりリリース。このアルバムは2012年にLojinxよりUK/Euroでもリリースされた。2015年には6枚目のアルバム『Play This Intimately As If Among Friends』をリリース。このアルバムにもAndy PartridgeやNeil Hannonが参加し、更にはJeff LynneやRay Davies(The Kinks)もヴォーカルで参加した。当『Silverlake』は自身7枚目のアルバムで、Jason Falknerがプロデュースを担当。ロサンジェルスでJason Falknerによりレコーディングは行われた。全曲がThomas Walshによる楽曲で、自身がアレンジを行いアコースティック・ギターもプレイ。その他の楽器はJason Falknerがプレイした。




スポンサーサイト
2017-12-08 : Lojinx :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム