■La Luz | 前作がニューヨーク・タイムズやピッチフォークで絶賛された女性4人組のサーフ・ロック・バンド、ラ・ルースが5/16発売のニュー・アルバム『フローティング・フィーチャーズ』より、「California Finally」を公開。



La Luz - "California Finally"




  



2018.5.16 ON SALE

前作がニューヨーク・タイムズやピッチフォークで絶賛された女性4人組のサーフ・ロック・バンド、ラ・ルース。約3年振りとなるサード・アルバム『フローティング・フィーチャーズ』をサブ・ポップ傘下のハードリー・アートよりリリース。


■アーティスト:LA LUZ(ラ・ルース)
■タイトル:FLOATING FEATURES(フローティング・フィーチャーズ)
■品番:HAR105CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Floating Features
2. Cicada
3. Loose Teeth
4. Mean Dream
5. California Finally
6. The Creature
7. My Golden One
8. Lonely Dozer
9. Greed Machine
10. Walking Into the Sun
11. Don’t Leave Me on The Earth

La Luz - "Cicada" [OFFICIAL VIDEO]


「情熱的で神秘的。完全にコミットされた」(The New York Times)
「La Luzの闇は彼女達の作品を激しく知的なものにする」(Pitchfork)
La Luzはカリフォルニア州ロサンジェルスのサーフ・ロック・バンドだ。メンバーはShana Cleveland (Vo, G)、Marian Li Pino (Dr)、Alice Sandahl (Key)、Lena Simon (B) の4人。2012年にThe Curious MysteryのメンバーであったShana ClevelandとMarian Li Pinoが中心となり、ワシントン州シアトルで結成された。Link Wray、The Ventures、Dick Daleといったサーフ・ロック/ロックン・ロールのアーティストから、ガールズ・グループ、The Shirelles等に影響を受け、2012年にEP『Damp Face』をBurger Recordsよりリリース。その後、Sub Pop傘下のHardly Artと契約し、2013年にデビュー・アルバム『It's Alive』をリリースした。2015年には Ty Segallをプロデュースに迎えたセカンド・アルバム『Weirdo Shrine』をリリース。アルバムはThe Guardian、Pitchfork、The New York Times等で絶賛された。バンドはその後、ロサンジェルスに移り、そこで当サード・アルバム『Floating Features』をレコーディングした。


  

スポンサーサイト

2018-03-09 : Hardly Art :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム