FC2ブログ

■The Pineapple Thief | ギャヴィン・ハリソン(キング・クリムゾン、ポーキュパイン・ツリー)参加後2枚目、通算12枚目となるアルバム『デソリューション』(2018年)も英トップ40ヒットを記録し、ロック/メタル・チャートでは1位を獲得したイギリスのネオ・プログレッシヴ・ロック・バンド、パイナップル・シーフ。彼らが2008年にリリースしたKscope移籍第一弾、通算7枚目のアルバム『タイトリー・アンワウンド』を、スティーヴ・キッチ(オーディオマスター)のリマスターにより、2枚組LPでリリース。【リマスター盤】



2019.1月下旬 ON SALE

ギャヴィン・ハリソン(キング・クリムゾン、ポーキュパイン・ツリー)参加後2枚目、通算12枚目となるアルバム『デソリューション』(2018年)も英トップ40ヒットを記録し、ロック/メタル・チャートでは1位を獲得したイギリスのネオ・プログレッシヴ・ロック・バンド、パイナップル・シーフ。彼らが2008年にリリースしたKscope移籍第一弾、通算7枚目のアルバム『タイトリー・アンワウンド』を、スティーヴ・キッチ(オーディオマスター)のリマスターにより、2枚組LPでリリース。【リマスター盤】


■アーティスト:THE PINEAPPLE THIEF(パイナップル・シーフ)
■タイトル:TIGHTLY UNWOUND(タイトリー・アンワウンド)
■品番:KSCOPE993[輸入盤]
■価格:輸入盤オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. My Debt To You
2. Shoot First
3. Sinners
(SIDE B)
1. Tightly Wound
2. The Sorry State
3. My Bleeding Hand
(SIDE C)
1. Different World
2. And So Say All Of You
(SIDE D)
1. Too Much To Lose

Pineapple Thief - My Debt to You (Tightly Unwound,2008)


【The Pineapple Thief / パイナップル・シーフ】
The Pineapple Thiefは1999年にBruce Soordによって英サマセットで始められたプログレッシヴ・ロック・バンドだ。現在のメンバーはBruce Soord(Vo/G)、Jon Sykes(B)、Steve Kitch(Key)、Gavin Harrison(Dr)、Darran Charles(G)の5人。1999年、Bruceはデビュー・アルバム『Abducting the Unicorn』をCyclops Recordsよりリリース。2002年にはセカンド・アルバム『137』、2003年にはサード・アルバム『Variations on a Dream』をリリースし、ファン・ベース確立。その後、BruceはThe Pineapple Thieをバンド形態に移行させ、友達であったJon Sykes(B)、Wayne Higgins(G)、Matt O'Leary(Key)、Keith Harrison(Dr)を加えた5人体制で4枚目のアルバム『10 Stories Down』を2005年にリリースした。キーボードが現メンバーのSteve Kitchに代わり、2006年には5枚目のアルバム『Little Man』、2007年には6枚目のアルバム『What We Have Sown』をリリース。バンドは『What We Have Sown』を最後にCyclops Recordsを離れ、Kscopeと契約した。2008年初頭、Wayne Higginsが脱退するも、バンドは4人体制でツアーをおこない、同年5月、7枚目のアルバム『Tightly Unwound』をリリース。2010年には8枚目のアルバム『Someone Here Is Missing』、2012年には9枚目のアルバム『All the Wars』をリリースした。2014年、ドラムがDan Osborneに代わった後、バンドは10枚目のアルバム『Magnolia』をリリース。アルバムはUKチャートの55位にランクイン。2016年には、ドラムをGavin Harrisonに代え、ギターのDarran Charlesを加えた形で11枚目のアルバム『Your Wilderness』、2018年には12枚目のアルバム『Dissolution』をリリースした。




スポンサーサイト
2018-12-13 : The Pineapple Thief :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム