FC2ブログ

■Adrianne Lenker | ブルックリンのインディ・ロック・バンド、ビッグ・シーフのフロントウーマン、エイドリアン・レンカー。彼女が2014年にリリースしたファースト・ソロ・アルバム『アワーズ・ワー・ザ・バーズ』がリイシュー。



2019.3.13 ON SALE

ブルックリンのインディ・ロック・バンド、ビッグ・シーフのフロントウーマン、エイドリアン・レンカー。彼女が2014年にリリースしたファースト・ソロ・アルバム『アワーズ・ワー・ザ・バーズ』がリイシュー。


■アーティスト:ADRIANNE LENKER(エイドリアン・レンカー)
■タイトル:HOURS WERE THE BIRDS(アワーズ・ワー・ザ・バーズ)
■品番:LBJ-282CDJ[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,000+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
01. Hours Were the Birds
02. Lighthouse
03. Disappear
04. Gone
05. Steamboat
06. To Violet
07. Indiana
08. Butterfly
09. Snow Song
10. A Love of Some Kind

【Adrianne Lenker / エイドリアン・レンカー】
Adrianne Lenkerはミネソタ州ミネアポリス出身のシンガーソングライターだ。父からギターのコードを教えてもらい、10才の頃より曲を書き始め、2006年、13才の時にアルバム『Stages Of The Sun』をリリースしている(Adrianne Lenker自身は、10代の頃の育成期の作品として、このアルバムをファースト・アルバムとしてカウントしていない)。その後、バークリー音楽大学で学んだAdrianne Lenkerは、大学卒業直後の2012年、ニューヨークに移る。そこでBuck Meekに出会い、二人で曲を書き始め、2014年、Adrianne Lenker and Buck Meek名義で2枚のEP『A-Sides』と『B-Sides』をリリースする。また、Adrianne Lenkerは平行してソロ・アルバムも制作。2013年、プロデューサーのRob Oesterlinと地元のミネアポリスのスタジオでレコーディングをおこない、ニューヨークの友人、Andrew Sarlo(後にBig Thiefの『Masterpiece』と『Capacity』をプロデュース)をミックスに起用したファーアスト・アルバム『Hours Were The Birds』を翌2014年にリリースした。一方、Adrianne LenkerとBuck Meekは、Max OleartchikとJames Krivcheniaを加えてBig Thiefを結成し、『Masterpiece』(2016年)、『Capacity』(2017年)と2枚のアルバムをリリース。間を置かず、2018年、Adrianne Lenker はセカンド・アルバム『Abysskiss』をリリースした。




スポンサーサイト
2019-02-19 : Adrianne Lenker :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム