FC2ブログ

■マヒトゥ・ザ・ピーポー | 2019年2月13日(水)に発売された3rd album『不完全なけもの』からわずか2ヶ月のスパンでリリースとなる4th album『やさしい哺乳類』。



2019.4.24 ON SALE

2019年2月13日(水)に発売された3rd album『不完全なけもの』からわずか2ヶ月のスパンでリリースとなる4th album『やさしい哺乳類』。


■アーティスト:マヒトゥ・ザ・ピーポー
■タイトル:やさしい哺乳類
■品番:JSGM-32
■形態:CD
■定価:¥2,130+税
■レーベル:十三月
■収録曲目:
1. ゆうれいの恋
2. まだあの海が青かったころ ft 鎮座DOPENESS
3. Never cry if you want to fly
4. 超正義
5. flower me
6. 待夢
7. さよならグレーゴル
8. Slow flake
●2019年2月13日(水)に発売された3rd album『不完全なけもの』からわずか2ヶ月のスパンでリリースとなる4th album『やさしい哺乳類』。鎮座DOPENESSをフィーチャリングした「まだあの海が青かったころ」、 GEZANの人気曲「待夢」のアコースティックカバーなど、全8曲を収録。
●参加ミュージシャン:マヒトゥ・ザ・ピーポー、寺尾紗穂、カルロス(GEZAN)、ビートさとし(skillkills)、山田碧(the hatch)、岡村基紀(odd eyes)、鎮座DOPENESS

【マヒトゥ・ザ・ピーポー / プロフィール】
平成元年生まれ。2009年 バンドGEZANを大阪にて結成。作詞作曲をおこないボーカルとして音楽活動開始。うたもののソロやpeepowとしてラップアルバムをBLACK SMOKER RECORDSより、また青葉市子とのNUUAMMとして複数枚アルバムを制作。 近年では寺尾紗穂のアルバムに参加するなど、コラボレーションも多岐にわたり、映画の劇伴やCM音楽も手がけ、その一貫した美 学に文学界からも彼のファンは多い。また音楽以外の分野では国内外のアーティストを自身のレーベル十三月でリリースしたり、ボー ダーフリーな野外フェスである全感覚祭を主催、また中国の写真家Ren Hangのモデルをつとめたりと、独自のレイヤーで時代をま たぎ、自由なスタンスでカルチャーをつくっている。




スポンサーサイト



2019-02-26 : マヒトゥ・ザ・ピーポー :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム