FC2ブログ

■Rolling Blackouts Coastal Fever | 昨年リリースされたデビュー・アルバム『ホープ・ダウンズ』が『Rough Trade』5位、『MOJO』3位、『UNCUT』2位他、数々のメディアで2018年の年間ベスト・アルバムの1枚に選ばれたメルボルンのインディ・ロック・バンド、ローリング・ブラックアウツ・コースタル・フィーヴァー。現在、「オーストラリアン・ミュージック・プライズ」のショートリストにノミネート中の彼らが新曲「イン・ザ・キャピタル」をリリース。



2019.4月下旬 ON SALE 

昨年リリースされたデビュー・アルバム『ホープ・ダウンズ』が『Rough Trade』5位、『MOJO』3位、『UNCUT』2位他、数々のメディアで2018年の年間ベスト・アルバムの1枚に選ばれたメルボルンのインディ・ロック・バンド、ローリング・ブラックアウツ・コースタル・フィーヴァー。現在、「オーストラリアン・ミュージック・プライズ」のショートリストにノミネート中の彼らが新曲「イン・ザ・キャピタル」をリリース。


■アーティスト:ROLLING BLACKOUTS COASTAL FEVER(ローリング・ブラックアウツ・コースタル・フィーヴァー)
■タイトル:IN THE CAPITAL(イン・ザ・キャピタル)
■品番:SPLP1316[輸入盤](VINYL 7”)
■定価:輸入盤オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. In the Capital
2. Read My Mind

Rolling Blackouts Coastal Fever - In the Capital


【ROLLING BLACKOUTS COASTAL FEVER / ローリング・ブラックアウツ・コースタル・フィーヴァー】
Rolling Blackouts Coastal Feverは、高校時代から様々なガレージ・バンドで活動を共にしていたFran Keaney(Vo、G)、Tom Russo(G、Vo)、Joe White(G)の3人に、Tom Russoの兄弟であるJoe Russoと(B)Joe Whiteの友達のMarcel Tussie(Dr)が加わって、2013年にオーストラリアのメルボルンでスタートした。彼らが作り出す楽曲はとても柔らかく、メロディに大きな焦点があてられており、Orange JuiceやThe Go-Betweensからの影響を感じさせる。バンドはデジタルでシングルを数曲リリースした後、2015年のオフィシャルのデビュー・シングル「Clean Slate」を経て、2016年3月にオーストラリアのレーベル、Ivy LeagueよりデビューEP『Talk Tight』をリリース。『Talk Tight』はPitchforkのレビューで8.0/10点を獲得し、SPIN、Stereogum、そして伝説的なミュージック・ジャーナリスト、Robert Christgauからも絶賛された。その後、2016年11月、バンドはSub Popと契約し、翌2017年3月にはセカンドEP『The French Press』をリリース。Pitchforkのレビューで8.1/10を獲得する等、こちらも高い評価を獲得し、2018年6月にはデビュー・アルバム『Hope Downs』をリリースした。『Hope Downs』は高い評価を獲得。『Rough Trade』5位、『MOJO』3位、『UNCUT』2位、『The Guardian』30位、『God Is In The TV』3位、『Loud and Quiet』28位、『Paste』8位他、数々のメディアで2018年の年間ベスト・アルバムの1枚に選ばれた。現在、バンドは2018年度の「オーストラリアン・ミュージック・プライズ」のショートリストにノミネート中。




スポンサーサイト
2019-03-04 : Rolling Blackouts Coastal Fever :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム