FC2ブログ

■Madfish | Madfish、2019年7月17日リリース(FLEETWOOD MAC、PETER GREEN SPLINTER GROUP、PETER GREEN、THE PRETTY THINGS)



2019.7.17 ON SALE

フリートウッド・マックのボストン・ティー・パーティーにおける伝説の三夜をとらえた三部作。クラシックなブルース・ラインナップ期のメンバーをフィーチャーした1970年2月のライヴ。


■アーティスト:FLEETWOOD MAC(フリートウッド・マック)
■タイトル:BOSTON VOLUME 1(ボストン・ ヴォリューム1)
■品番:SMACDX1135J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,650 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Black Magic Woman
2. Jumping At Shadows
3. Like It This Way
4. Only You
5. Rattlesnake Shake
6. I Can`t Hold Out
7. Got To Move
8. The Green Manalishi

『ボストン』は1970年2月、ボストン・ティー・パーティーでのFleetwood Macのマジカルな夜をとらえた三部作だ。バンドが最もパワフルであった時の作品でPeter Green、Jeremy Spencer、Danny Kirwan、Mick Fleetwood、John McVieというクラシックなブルース・ラインナップ期のメンバーをフィーチャーしている。元々はライヴと同年にリリースをする予定でレコーディングはおこなわれたが、直後のPeter Greenの脱退により、素材はそのまま残され使用されることはなかった。80年代中期、この時のトラックは様々な形でリリースされたが、その音質は非常に良くなかった。その後、オリジナルの8トラックのテープと幾つかの未発表トラックが90年代に発見されたことにより、楽曲を3枚の作品にわけてリリースする為のリミックスとリマスターが行われた。この度のミッド・プライスでのリイシューにおいては、この歴史的なショーの完全ドキュメントを目指し、リマスターされた楽曲をそれぞれのデジパック仕様のCDに封入。8Pのブックレットを加え、『Boston Volume 1』『Boston Volume 2』『Boston Volume 3』としてリリースする。


2019.7.17 ON SALE

フリートウッド・マックのボストン・ティー・パーティーにおける伝説の三夜をとらえた三部作。クラシックなブルース・ラインナップ期のメンバーをフィーチャーした1970年2月のライヴ。


■アーティスト:FLEETWOOD MAC(フリートウッド・マック)
■タイトル:BOSTON VOLUME 2(ボストン・ ヴォリューム2)
■品番:SMACDX1136J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,650 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. World In Harmony
2. Oh Well !
3. Rattlesnake Shake
4. Stranger Blues
5. Red Hot Mama
6. Teenage Darling
7. Keep A Knocking
8. Jenny Jenny
9. Encore Jam

『ボストン』は1970年2月、ボストン・ティー・パーティーでのFleetwood Macのマジカルな夜をとらえた三部作だ。バンドが最もパワフルであった時の作品でPeter Green、Jeremy Spencer、Danny Kirwan、Mick Fleetwood、John McVieというクラシックなブルース・ラインナップ期のメンバーをフィーチャーしている。元々はライヴと同年にリリースをする予定でレコーディングはおこなわれたが、直後のPeter Greenの脱退により、素材はそのまま残され使用されることはなかった。80年代中期、この時のトラックは様々な形でリリースされたが、その音質は非常に良くなかった。その後、オリジナルの8トラックのテープと幾つかの未発表トラックが90年代に発見されたことにより、楽曲を3枚の作品にわけてリリースする為のリミックスとリマスターが行われた。この度のミッド・プライスでのリイシューにおいては、この歴史的なショーの完全ドキュメントを目指し、リマスターされた楽曲をそれぞれのデジパック仕様のCDに封入。8Pのブックレットを加え、『Boston Volume 1』『Boston Volume 2』『Boston Volume 3』としてリリースする。


2019.7.17 ON SALE

フリートウッド・マックのボストン・ティー・パーティーにおける伝説の三夜をとらえた三部作。クラシックなブルース・ラインナップ期のメンバーをフィーチャーした1970年2月のライヴ。


■アーティスト:FLEETWOOD MAC(フリートウッド・マック)
■タイトル:BOSTON VOLUME 3(ボストン・ ヴォリューム3)
■品番:SMACDX1137J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,650 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Jumping At Shadows
2. Sandy Mary
3. If You Let Me Love You
4. Loving Kind
5. Coming Your Way
6. Madison Blues
7. Got To Move
8. The Sun Is Shining
9. Oh Baby
10. Tiger
11. Great Balls Of Fire
12. Tutti Frutti
13. On We Jam

『ボストン』は1970年2月、ボストン・ティー・パーティーでのFleetwood Macのマジカルな夜をとらえた三部作だ。バンドが最もパワフルであった時の作品でPeter Green、Jeremy Spencer、Danny Kirwan、Mick Fleetwood、John McVieというクラシックなブルース・ラインナップ期のメンバーをフィーチャーしている。元々はライヴと同年にリリースをする予定でレコーディングはおこなわれたが、直後のPeter Greenの脱退により、素材はそのまま残され使用されることはなかった。80年代中期、この時のトラックは様々な形でリリースされたが、その音質は非常に良くなかった。その後、オリジナルの8トラックのテープと幾つかの未発表トラックが90年代に発見されたことにより、楽曲を3枚の作品にわけてリリースする為のリミックスとリマスターが行われた。この度のミッド・プライスでのリイシューにおいては、この歴史的なショーの完全ドキュメントを目指し、リマスターされた楽曲をそれぞれのデジパック仕様のCDに封入。8Pのブックレットを加え、『Boston Volume 1』『Boston Volume 2』『Boston Volume 3』としてリリースする。


2019.7.17 ON SALE

フリートウッド・マックのオリジナル・ギタリスト、ピーター・グリーン。彼が1999年にリリースしたソロ・アルバム。


■アーティスト:PETER GREEN SPLINTER GROUP(ピーター・グリーン・スプリンター・グループ)
■タイトル:DESTINY ROAD(デスティニー・ロード)
■品番:SMACDX1074J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,650 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Big Change Is Gonna Come
2. Say That You Want To
3. Heart Of Stone
4. You`ll Be Sorry Someday
5. Tribal Dance
6. Burglar
7. Turn Your Love Away
8. Madison Blues
9. I Can`t Help Myself
10. Indians
11. Hiding In Shadows
12. There`s A River

Peter Greenは彼の世代の最も優れたギタリストの一人として広く知られている。彼の功妙なブルース演奏は、彼が1967年に結成したオリジナルのFleetwood Macのサウンドの不可欠な部分だった。そして苦悶に満ちた彼のリード・ギターは、彼をEric Clapton、Jeff BeckとJimmy Pageのようなレジェンドたちと同列に並べた。 70年代初頭にPeter GreenはFleetwood Macを去り、その後30年間の大部分をワイルドな状況の中で過ごしつつ、多くの健康問題と戦うことになった。彼は1990年代後半にPeter Green Splinter Groupと共にシーンに再び登場した。1997年から2004年の間に、Peter Greenとグループは7枚のアルバムをレコーディングした。


2019.7.17 ON SALE

フリートウッド・マックのオリジナル・ギタリスト、ピーター・グリーン。彼が1998年にリリースしたソロ・アルバムで、全曲ロバート・ジョンソンの楽曲。


■アーティスト:PETER GREEN(ピーター・グリーン)
■タイトル:THE ROBERT JOHNSON SONGBOOK(ロバート・ジョンソン・ソングブック)
■品番:SMACDX1073J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,650 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. When You Got A Good Friend
2. 32-20 Blues
3. Phonograph Blues
4. Last Fair Deal Gone Down
5. Stop Breakin` Down Blues
6. Terraplane Blues
7. Walkin` Blues
8. Love In Vain Blues
9. Ramblin` On My Mind
10. Stones In My Passway
11. Me And The Devil Blues
12. Honeymoon Blues
13. Kind Hearted Woman Blues
14. I Believe I`ll Dust My Broom
15. If I Had Possession Over Judgement Day
16. Sweet Home Chicago (feat. Paul Rodgers)

Peter Greenは彼の世代の最も優れたギタリストの一人として広く知られている。彼の功妙なブルース演奏は、彼が1967年に結成したオリジナルのFleetwood Macのサウンドの不可欠な部分だった。そして苦悶に満ちた彼のリード・ギターは、彼をEric Clapton、Jeff BeckとJimmy Pageのようなレジェンドたちと同列に並べた。 70年代初頭にPeter GreenはFleetwood Macを去り、その後30年間の大部分をワイルドな状況の中で過ごしつつ、多くの健康問題と戦うことになった。彼は1990年代後半にPeter Green Splinter Groupと共にシーンに再び登場した。1997年から2004年の間に、Peter Greenとグループは7枚のアルバムをレコーディングした。


2019.7.17 ON SALE

デビュー前のザ・ローリング・ストーンズのメンバーであったディック・テイラーとフィル・メイを中心に1963年にロンドンで結成されたロック・バンド、プリティ・シングス。彼らが1967年にリリースしたサード・アルバム『エモーションズ』にボーナス・トラックを7曲追加してリイシュー。


■アーティスト:THE PRETTY THINGS(プリティ・シングス)
■タイトル:EMOTIONS(エモーションズ)
■品番:SMACDX1143J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,650 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Death Of A Socialite
2. Children
3. The Sun
4. There Will Never Be Another Day
5. House Of Ten
6. Out In The Night
7. One Long Glance
8. Growing In My Mind
9. Photographer
10. Bright Lights Of The City
11. Tripping
12. My Time
13. A House In The Country*
14. Progress*
15. Photographer*
16. There Will Never Be Another Day*
17. My Time*
18. The Sun*
19. Progress*
*Bonus Track

The Pretty Thingsはデビュー前のThe Rolling StonesのメンバーであったDick Taylorと Phil Mayを中心に1963年に結成されたロック・バンドだ。1965年にデビュー・アルバム『The Pretty Things』をリリースし、UKチャートの6位を記録する。その後も、2015年の目下の最新最新作『The Sweet Pretty Things (Are In Bed Now, Of Course...)』までアルバムのリリースを続け、継続的に活動。しかし、2018年以降はエレクトロニックでのパフォーマンスを行わないことを発表した。商業的に大きな成功はおさめなかったが、リズム・アンド・ブルース、サイケデリック・ロック、ハード・ロック、ニュー・ウェイヴ等、様々なジャンルのサウンドをいち早く取り入れ、その後のロック・シーンに大きな影響を与えた。


2019.7.17 ON SALE

デビュー前のザ・ローリング・ストーンズのメンバーであったディック・テイラーとフィル・メイを中心に1963年にロンドンで結成されたロック・バンド、プリティ・シングス。彼らが1965年にリリースしたセカンド・アルバム『ゲット・ザ・ピクチャー?』にボーナス・トラックを6曲追加してリイシュー。


■アーティスト:THE PRETTY THINGS(プリティ・シングス)
■タイトル:GET THE PICTURE ?(ゲット・ザ・ピクチャー?)
■品番:SMACDX1142J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,650 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. You Don`t Believe Me
2. Buzz The Jerk
3. Get The Picture?
4. Can`t Stand The Pain
5. Rainin` In My Heart
6. We`ll Play House
7. You`ll Never Do It Baby
8. I Had A Dream
9. I Want Your Love
10. London Town
11. Cry To Me
12. Gonna Find Me A Substitute
13. Get A Buzz*
14. Sittin` All Alone*
15. Midnight To Six Man*
16. Me Needing You*
17. Come See Me*
18. L.S.D.*
*Bonus Tracks

The Pretty Thingsはデビュー前のThe Rolling StonesのメンバーであったDick Taylorと Phil Mayを中心に1963年に結成されたロック・バンドだ。1965年にデビュー・アルバム『The Pretty Things』をリリースし、UKチャートの6位を記録する。その後も、2015年の目下の最新最新作『The Sweet Pretty Things (Are In Bed Now, Of Course...)』までアルバムのリリースを続け、継続的に活動。しかし、2018年以降はエレクトロニックでのパフォーマンスを行わないことを発表した。商業的に大きな成功はおさめなかったが、リズム・アンド・ブルース、サイケデリック・ロック、ハード・ロック、ニュー・ウェイヴ等、様々なジャンルのサウンドをいち早く取り入れ、その後のロック・シーンに大きな影響を与えた。


2019.7.17 ON SALE

デビュー前のザ・ローリング・ストーンズのメンバーであったディック・テイラーとフィル・メイを中心に1963年にロンドンで結成されたロック・バンド、プリティ・シングス。彼らが1965年にリリースしたセカンド・アルバム『ゲット・ザ・ピクチャー?』にボーナス・トラックを6曲追加してリイシュー。


■アーティスト:THE PRETTY THINGS(プリティ・シングス)
■タイトル:PARACHUTE(パラシュート)
■品番:SMACDX1144J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,650 +税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Scene One
2. The Good Mr. Square
3. She Was Tall, She Was High
4. In The Square
5. The Letter
6. Rain
7. Miss Fay Regrets
8. Cries From The Midnight Circus
9. Grass
10. Sickle Clowns
11. She`s A Lover
12. What`s The Use ?
13. Parachute
14. Blue Serge Blues*
15. October 26*
16. Cold Stone*
17. Stone-Hearted Mama*
18. Summer Time*
19. Circus Mind*
*Bonus Tracks

デビュー前のザ・ローリング・ストーンズのメンバーであったディック・テイラーとフィル・メイを中心に1963年にロンドンで結成されたロック・バンド、プリティ・シングス。
彼らが1970年にリリースした5枚目のアルバム『パラシュート』にボーナス・トラックを6曲追加してリイシュー。

The Pretty Thingsはデビュー前のThe Rolling StonesのメンバーであったDick Taylorと Phil Mayを中心に1963年に結成されたロック・バンドだ。1965年にデビュー・アルバム『The Pretty Things』をリリースし、UKチャートの6位を記録する。その後も、2015年の目下の最新最新作『The Sweet Pretty Things (Are In Bed Now, Of Course...)』までアルバムのリリースを続け、継続的に活動。しかし、2018年以降はエレクトロニックでのパフォーマンスを行わないことを発表した。商業的に大きな成功はおさめなかったが、リズム・アンド・ブルース、サイケデリック・ロック、ハード・ロック、ニュー・ウェイヴ等、様々なジャンルのサウンドをいち早く取り入れ、その後のロック・シーンに大きな影響を与えた。






スポンサーサイト
2019-07-09 : Snapper Music :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム