FC2ブログ

■The Catenary Wires | THE MONOCHROME SET & THE CATENARY WIRES、11月に来日公演決定。デビュー・アルバム『ティル・ザ・モーニング』、8/21リリース。



【The MONOCHROME SET & The CATENARY WIRES】来日公演決定
2019.11.08 (金): [東京] 新宿MARZ
2019.11.09 (土): [東京] 高円寺HIGH
※詳細: https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=2445808295430852&id=202367046441666








2019.8.21 ON SALE

イギリスのインディ・ポップ・デュオ、ザ・カテナリー・ワイヤーズの新作が完成。2015年にエレファント・レコードよりリリースしたミニ・アルバムも話題となった彼らのデビュー・アルバム『ティル・ザ・モーニング』、タペテよりリリース。


■アーティスト:THE CATENARY WIRES(ザ・カテナリー・ワイヤーズ)
■タイトル:TIL THE MORNING(ティル・ザ・モーニング)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:TR438CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,000+税
■収録曲目:
1. Dream Town
2. Hollywood
3. Sixteen Again
4. Dark Brown Eyes
5. Back On Hastings Pier
6. Love On The Screen
7. Half-written
8. Tie Me To The Rails
9. So Quiet In This Home
10. I’ll Light Your Way Back
11. Til The Morning
12. Dancing

The Catenary WiresはAmelia Fletcher(Talulah Gosh、Heavenly、Marine Research、Tender Trap)とRob Purseyが2014年に始動したイギリスのインディ・ポップ・デュオで、2015年にデビュー・ミニ
アルバム『Red Red Skies』をElefant Recordsよりリリースしている。バンドのデビュー・アルバムとなる当『Til The Morning』は、ケント州の人里離れた場所にある日曜学校で2018年に録音された。『Red Red Skies』から大きく前進し、ハーモニウム、ベル、古いトレーラーなど様々な種類の楽器を反映させた多層サウンドで、より複雑で魅力的なものに仕上がった。プロデュースは、近年ではJudy DybleやFrench Boutikのアルバムを手がけたAndy Lewisが担当。チェロ、メロトロン、パーカッションにAndy Lewis(Paul Weller Group、Spearmint)、ハモンド・オルガンとバック・ヴォーカルにはFay Hallam(Makin’ Time、Prime Movers)が参加。クラシックの作曲家、Mattew Kingがピアノを担当し、Nick SermonとClaire Sermonがブラスをプレイした。




スポンサーサイト



2019-08-13 : Tapete Records :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム