FC2ブログ

■BILL PRITCHARD | ビル・プリチャード、来日公演決定。2020/2/21(fri) & 2/22 (sat)、七針(八丁堀・東京)。



Bill Pritchard Tokyo 2020

2020/2/21(fri) & 2/22 (sat) 七針 <八丁堀・東京>

Sounding like a collaboration between Lloyd Cole and Prefab Sprout — Rough Trade

2019年はBillにとって創作意欲に満ちた、最良の年だったようです。新作「Midland Lullabies」のリ リースに続き、夏にはAgnes b.からコラボシングル、秋には名作「3months,3weeks,2days」が30周 年でリイシュー、仏SSWのFrederic Loとの傑作「Digging For Diamonds」を発表。今回のライブは、 30年を超えるBillのキャリアを総括し、ソロ中心の一部とバンド編成での二部を予定しています。

2020/2/21 (Fri) Start 19:30 (Door open 18:30)
2020/2/22 (Sat) Start 16:00 (Door open 15:30)
七針 (東京 八丁堀)
Ticket 3,500円(ご予約)/4,000円(当日)
ご予約:
七針 >>>http://ftftftf.com  
Blue Songs Project >>>bluesongspj@gmail.com

MEMBER:
Bill Pritchard (Vo.Gt)
+ Bill Pritchard Experience TOKYO
Seiichi Kondo (Gt,Ba)・Tomohiro Nakajima (Dr)・Shogo Takagi (Key, Pf,Ba)・Chie Kono (Cho)

BIll AD

Bill Pritchard
イギリス出身のシンガーソングライター。 これまでに11枚のアルバムをリリース。 文学的な歌詞とNewWaveを通過した翳りのある美しい メロディー、ルーリードとシナトラがMixされた様な魅 力的なボーカルが特徴。特にフランスで人気があり、現 地の音楽雑誌Les Inrockuptiblesは2019年ベストリイ シューアルバムの2位にBillの作品を選出。ちなみに1 位はビートルズのWihite Album。






2019.3.20 ON SALE

ネオ・アコースティックの傑作『ジョリー』でも知られるビル・プリチャードの新作が完成。前作リリース後、初来日公演も実施する等、勢力的に活動をおこなう彼の3年振りのアルバム『ミッドランド・ララバイズ』、リリース。


■アーティスト:BILL PRITCHARD(ビル・プリチャード)
■タイトル:MIDLAND LULLABIES(ミッドランド・ララバイズ)
■品番:TR427CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,100+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Iolanda
2. Lullaby
3. The Last Temptation Of Brussels
4. Thanks
5. Tricksey
6. Lanterns
7. Piano Sunstrokes (Interlude)
8. Garibaldi
9. Grow
10. Tuesday Morning
11. Mother Town
12 .Forever
13. Piano Sunstrokes (Outro)

Bill Pritchardは英リッチフィールド出身のシンガーソングライターだ。1987年にアルバム『Bill Pritchard』でThird Mindよりデビュー。セカンド・アルバム『Half A Million』をリリース後、PIASと契約し、1988年にDaniel Darcとのスプリット・アルバム『Parce Que』をリリース。1989年にはアルバム『Three Months, Three Weeks And Two Days』をリリースし、アメリカでも注目を浴びるようになり、1991年にはネオ・アコースティックの傑作、『Jolie』をリリースした。その後、2000年代には音楽活動から距離を置いていたものの、2014年、Tapete Recordsよりアルバム『A Trip To The Coast』をリリースし、シーンに復帰。2016年のアルバム『Mother Town Hall』はRolling Stone(独)のアルバム・オブ・ザ・ウィークにも選ばれ、「ポップのJ・D・サリンジャー」と評される等、高い評価を獲得した。また同年に初来日公演も実施。以降、2017年、2018年と3年連続して来日公演を行っている。当『Midland Lullabies』は3年振りとなるアルバムで、前作同様、盟友のTim Bradshawのプロデュース。2年をかけて書かれた楽曲が収録されている。




スポンサーサイト



2020-01-07 : Tapete Records :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム