FC2ブログ

■PEACEVILLE | 2020年2月26日リリース(EVINTA)



2020.2.26 ON SALE

英ブラッドフォードのドゥーム・メタルのタイタン、マイ・ダイイング・ブライド。彼らが2011年にリリースしたシンフォニック・レコーディング『エヴィンタ』。【2CD】


■アーティスト:MY DYING BRIDE(マイ・ダイイング・ブライド)
■タイトル:EVINTA(エヴィンタ)
■品番:CDVILED856J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥1,700+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(DISC 1)
1. In Your Dark Pavilion
2. You Are Not The One Who Loves Me
3. Of Lilies Bent With Tears
4. The Distance, Busy With Shadows
5. Of Sorry Eyes In March
(DISC 2)
1. Vanite Triomphante
2. That Dress And Summer Skin
3. And Then You Go
4. A Hand Of Awful Rewards

My Dying BrideはAaron StainthorpeとAndrew Craighanを中心に1990年に英ブラッドフォードで結成されたドゥーム・メタル・バンドだ。1992年にデビュー・アルバム『As the Flower Withers』をPeaceville Recordsよりリリース。その後、2015年の『Feel the Misery』まで、計12枚のアルバムをリリースしている。1990年初頭、デス・ドゥーム・メタル/ゴシック・メタルの先駆者として活躍しParadise Lost、Anathemaと共にピースヴィル・スリー(Peaceville Three)の一翼を担った。2011年にリリースされた当『Evinta』は、過去にリリースされたバンドの楽曲のテーマやリフを、トラディショナルなメタルの楽器ではなく、クラシックの楽器を使って発展させ、そこに新たにレコーディングしたヴォーカル等を組み合わせて再構築したコンピレーション・アルバムとなる。






スポンサーサイト



2020-01-18 : Snapper Music :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム