FC2ブログ

■THE ORB | ジ・オーブ、3/27発売のニュー・アルバム『ABOLITION OF THE ROYAL FAMILIA(アボリション・オブ・ザ・ロイヤル・ファミリア)』より「Hawk Kings (Oseberg Buddhas Buttonhole)」のビデオを公開。



The Orb - Hawk Kings (Oseberg Buddhas Buttonhole) (Official Video)








2020.3.27 ON SALE[世界同時発売]

エレクトロニックの巨人、ジ・オーブの17枚目のアルバム『アボリション・オブ・ザ・ロイヤル・ファミリア』が完成。高い評価を獲得した前作『ノー・サウンズ・アー・アウト・オブ・バウンズ』とペアになる作品で、マイケル・レンダールがメイン・ライティング・パートナーとして参加した初のアルバム。


■アーティスト:THE ORB(ジ・オーブ)
■タイトル:ABOLITION OF THE ROYAL FAMILIA(アボリション・オブ・ザ・ロイヤル・ファミリア)
■品番:OTCD-6794
■定価:¥2,400+税
■その他:世界同時発売、付帯物等未定、ボーナス・トラック等未定
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Daze - Missing & Messed Up Mix
2. House of Narcotics - Opium Wars Mix
3. Hawk Kings - Oseberg Buddhas Buttonhole
4. Honey Moonies - Brain Washed at Area 49 Mix
5. Pervitin - Empire Culling & The Hemlock Stone Version
6. Afros, Afghans and Angels - Helgö Treasure Chest
7. Shape Shifters (in two parts) - Coffee & Ghost Train Mix
8. Say Cheese - Siberian Tiger Cookie Mix
9. Ital Orb - Too Blessed To Be Stressed Mix
10. The Queen of Hearts - Princess Of Clubs Mix
11. The Weekend it Rained Forever - Oseberg Buddha Mix (The Ravens Have Left The Tower)
12. Slave Till U Die No Matter What U Buy - L’anse Aux Meadows Mix

The Orb: Pervitin (Empire Culling & The Hemlock Stone Version)


The Orb - Hawk Kings (Oseberg Buddhas Buttonhole)


●『Abolition Of The Royal Familia』はAlex Patersonによるプロジェクト、The Orbの17枚目のアルバムで2020年3月37日にリリースされる。これは高い評価を獲得した前作『No Sounds Are Out Of Bounds』とペアになる作品で、Michael Rendallがメイン・ライティング・パートナーとして参加した初のアルバムだ。
●18世紀と19世紀にインドに大きな損害を与え、中国との2つの戦争を引き起こした東インド会社のアヘン取引に対しての王室の支持にアルバムは触発されており、それを遡及的に抗議した内容となっている。アルバムからのファースト・シングルは「Pervitin - Empire Culling & The Hemlock Stone Version」。その他、Steven Hawking(公演でAlex Paterson に会った際、The Orb の曲を聴いていたと公言)へのトリビュート曲「Hawk Kings - Oseberg Buddhas Buttonhole」等、全12曲が収録される。また、Youth、Roger Eno、Steve Hillage(Gong、System 7)、Miquette Giraudy(Gong、System 7)、Gaudi、David Harrow(On U-Sound)他、多くのゲストもフィーチャーされている。
●付帯物等未定、ボーナス・トラック等未定。

【The Orb/ジ・オーブ】
The Orbは1988年にKilling JokeのローディーであったAlex PatersonとThe KLFのJimmy Cautyにより、ロンドンで結成された。1990年にはJimmy Cautyが脱退。以降はAlex Patersonを中心に、Thomas Fehlmann等と活動が行われている。アンビエント・ハウスやプログレッシヴ・ハウスを確立したエレクトロニック・ミュージック・グループとして、今尚、絶大な人気を誇る。1991年にデビュー・アルバム『The Orb's Adventures Beyond the Ultraworld』をBig Lifeよりリリース。翌1992年のセカンド・アルバム『U.F.Orb』はUKチャートの1位を獲得する。その後、グループはIslandへ移籍。1993年のライヴ・アルバム『Live 93』、1994年のミニ・アルバム『Pomme Fritz』を経て、『Orbus Terrarum』(1995年)、『Orblivion』(1996年)、『Cydonia』(2001年)とアルバムをリリース。2004年にはCooking Vinylより『Bicycles & Tricycles』、2005年にはKompaktより『Okie Dokie It's the Orb on Kompakt』、2008年にはLiquid Sound Designより『The Dream』、2009年にはMalicious Damageより『Baghdad Batteries (Orbsessions Volume III)』とレーベルを変えながらアルバムをリリース。2010年にはPink FloydのDavid Gilmourをフィーチャーしたアルバム『Metallic Spheres』をColumbiaよりリリースし、UKチャートの12位記録した。その後、Cooking Vinylより『The Orbserver in the Star House』(2012年)、『More Tales from the Orbservatory』(2013年)と2枚のアルバムをリリース。この2枚ではLee "Scratch" Perryがフィーチャーされた。2015年には10年振りにKompaktよりアルバム『Moonbuilding 2703 AD』をリリース。翌2016年には『COW / Chill Out, World!』、2018年には『No Sounds Are Out Of Bounds』をリリースした。




スポンサーサイト



2020-02-06 : The Orb :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム