FC2ブログ

■NAP EYES | ナップ・アイズ、4/2発売のニュー・アルバム『SNAPSHOT OF A BEGINNER(スナップショット・オブ・ア・ビギナー)』より「So Tired」を公開。



Nap Eyes - So Tired (Official Lyric Video)








2020.4.2 ON SALE

カナダのインディ・ロック・バンド、ナップ・アイズのニュー・アルバムが完成。ジョナサン・ロー(ビッグ・レッド・マシーン、ザ・ナショナル)とジェームス・エルキントン(スティーヴ・ガン、ジョアン・シェリー)と共に制作された4枚目のアルバム『スナップショット・オブ・ア・ビギナー』、リリース。


■アーティスト:NAP EYES(ナップ・アイズ)
■タイトル:SNAPSHOT OF A BEGINNER(スナップショット・オブ・ア・ビギナー)
■品番:JAG361JCD[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,200+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. So Tired
2. Primordial Soup
3. Even Though I Can’t Read Your Mind
4. Mark Zuckerberg
5. Mystery Calling
6. Fool Thinking Ways
7. If You Were In Prison
8. Real Thoughts
9. Dark Link
10. When I Struck Out On My Own
11. Though I Wish I Could

Nap Eyes - Mark Zuckerberg (Official Video)


2020年3月27日、Nap Eyesはニュー・アルバム『Snapshot of a Beginner』をリリースする。Nap Eyesの大半の楽曲はフロントマン、Nigel Chapmanの20分におよぶヴォーカルとギターによる自由なライティング・セッションから、最終的な形へと仕上がっていく。その間、ドラムのSeamus Dalton、ベースのJosh Salter、ギターのBrad Lougheadは、曲のストラクチャーを作曲し、総体的な的なサウンドと感覚を演出すことにより、大きな役割を担う。これまで、こうした最終的な曲の構成やレコーディングは、その大半が部屋の中でライヴでおこなわれてきた。しかし、当『Snapshot of a Beginner』において、バンドはニューヨークにあるThe NationalのLong Pondスタジオへ向かい、プロデューサーのJonathan Low(Big Red Machine、The National)とJames Elkington(Steve Gunn、Joan Shelley)と作業を実施。また、James Elkingtonは、バンドと共にプリプロダクションにおいてアレンジの作業も行った。今まで、これほどまでに情熱的なサウンドを持ったNap Eyesの作品はなかった。こうした芸術的”禅”にバランスを保ちながら至るには長い時間と忍耐が必要であったのだ。




スポンサーサイト



2020-02-18 : Jagjaguwar :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム