FC2ブログ

■BRIGHT EYES | ブライト・アイズ、来日公演決定。3/23、恵比寿LIQUIDROOM。全米チャートで1位/2位を独占したSg「Lua」「Take It Easy (Love Nothing)」を収録した『I'm Wide Awake, It's Morning』『Digital Ash in a Digital Urn』のリマスター盤、発売中。



インディー・ミュージックシーンの最高峰、Conor Oberst(コナー・オバースト)率いるBright Eyes(ブライト・アイズ)がDead Oceans(デッド・オーシャンズ)と契約し再始動。NY、LA、そして東京の 3 都市のみとなる復活ライヴも決定。

【LIVE INFORMATION】

東京 3月23日(月) 恵比寿LIQUIDROOM
OPEN 18:30/ START 19:30
<問>クリエイティブマン (https://www.creativeman.co.jp/)

Bright Eyes - #brighteyes2020


EO2N1zPX0AAanog.jpg

【BRIGHT EYES | ブライト・アイズ】
2020 年は Bright Eyes にとって記念すべき年である。アルバム『Fevers and Mirrors』の 20 周年であり、『I'm Wide Awake, It's Morning』と『Digital Ash in a Digital Urn』の 15 周年でもある。特に、ブッシュ大統領期のイラク戦争時にリリースされ、自身の混乱と共に世界を理解することに対しての苦悩を歌った『I'm Wide Awake, It's Morning』は、独自の方法で反戦アルバムとしてのカノンとなり、15 年を経た今の時代においても大きな意味を持っている。
Bright Eyes はネブラスカ州オマハ出身のシンンガーソングライター、Conor Oberst を中心に、プロデューサーでもある Mike Mogis と Nate Walcott によって結成されたインディ・ロック・バンドだ。Bright Eyes は 1998年に Saddle Creek よりデビュー・アルバム『A Collection of Songs Written and Recorded 1995-1997』とセカンド・アルバム『Letting Off the Happiness』をリリース。2000 年のサード・アルバム『Fevers and Mirrors』で高評価を獲得し、2002年の4枚目のアルバム『Lifted or The Story Is in the Soil, Keep Your Ear to the Ground』は米チャートのトップ 200 にランクインした。『A Christmas Album』( 2002 年)をはさみ、2005 年には『I'm Wide Awake, It's Morning』『 Digital Ash in a Digital Urn』と 2 枚のアルバムを同時リリース。前者は米チャートの 10 位、後者は 15 位と大ヒットを記録。その後、2007 年には 8 枚目のアルバム『Cassadaga』 (全米 4 位)、2011 年には 9 枚目のアルバム『The People's Key』(全米 13 位)をリリースした。
2020 年は Bright Eyes が戻ってくる年でもある。『The People's Key』以降、バンドは長く休止。Mike Mogis はプロデューサー、Nate Walcott はコンポーザー/スタジオ・ミュージシャンとしての仕事を行い、Conor Oberstはソロ、Desaparecidos(自身のパンク・バンド)、Better Oblivion Community Center(Phoebe Bridgers とのプロジェクト)等で活動していたが、3 人は再開。新たにインディ・レーベル、Dead Oceans と契約し、この試練の時代からの脱出と対立の為、再び Bright Eyes を始動させることとなった。






2016.11.16 ON SALE

今や全米を代表するシンンガー・ソングライターにまで成長したコナー・オバースト率いるブライト・アイズがサドル・クリークより『デジタル・アッシュ・イン・ア・デジタル・アーン』と2005年に同時発売したアルバム。
ジミ・ヘンドリクス、ジャニス・ジョップリン、レッド・ツェッペリン、クイーン、ローリングストーンズ、エリック・クラプトン、ポリス、ニルヴァーナ等、数多くのアーティスの作品を手掛けてきた世界屈指のマスタリングエンジニア、ボブ・ラディックによるリマスター盤。


■アーティスト:BRIGHT EYES(ブライト・アイズ)
■タイトル:I'M WIDE AWAKE, IT'S MORNING(アイム・ワイド・アウェイク、イッツ・モーニング)
■品番:LBJ-237CDJ[国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,000+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. At the Bottom of Everything
2. We Are Nowhere and It's Now
3. Old Soul Song (for the New World Order)
4. Lua
5. Train Under Water
6. First Day of My Life
7. Another Travelin' Song
8. Land Locked Blues
9. Poison Oak
10. Road to Joy

Lua



2016.11.16 ON SALE

今や全米を代表するシンンガー・ソングライターにまで成長したコナー・オバースト率いるブライト・アイズがサドル・クリークより『アイム・ワイド・アウェイク、イッツ・モーニング』と2005年に同時発売したアルバム。
ジミ・ヘンドリクス、ジャニス・ジョップリン、レッド・ツェッペリン、クイーン、ローリングストーンズ、エリック・クラプトン、ポリス、ニルヴァーナ等、数多くのアーティスの作品を手掛けてきた世界屈指のマスタリングエンジニア、ボブ・ラディックによるリマスター盤。


■アーティスト:BRIGHT EYES(ブライト・アイズ)
■タイトル:DIGITAL ASH IN A DIGITAL URN(デジタル・アッシュ・イン・ア・デジタル・アーン)
■品番:LBJ-238CDJ[国内流通仕様] ※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,000+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Time Code
2. Gold Mine Gutted
3. Arc of Time (Time Code)
4. Down in a Rabbit Hole
5. Take It Easy (Love Nothing)
6. Hit the Switch
7. I Believe in Symmetry
8. Devil in the Details
9. Ship in a Bottle
10. Light Pollution
11. Theme to Pinata
12. Easy-Lucky-Free

Take It Easy (Love Nothing)



【BRIGHT EYES | ブライト・アイズ】
2020 年は Bright Eyes にとって記念すべき年である。アルバム『Fevers and Mirrors』の 20 周年であり、『I'm Wide Awake, It's Morning』と『Digital Ash in a Digital Urn』の 15 周年でもある。特に、ブッシュ大統領期のイラク戦争時にリリースされ、自身の混乱と共に世界を理解することに対しての苦悩を歌った『I'm Wide Awake, It's Morning』は、独自の方法で反戦アルバムとしてのカノンとなり、15 年を経た今の時代においても大きな意味を持っている。
Bright Eyes はネブラスカ州オマハ出身のシンンガーソングライター、Conor Oberst を中心に、プロデューサーでもある Mike Mogis と Nate Walcott によって結成されたインディ・ロック・バンドだ。Bright Eyes は 1998年に Saddle Creek よりデビュー・アルバム『A Collection of Songs Written and Recorded 1995-1997』とセカンド・アルバム『Letting Off the Happiness』をリリース。2000 年のサード・アルバム『Fevers and Mirrors』で高評価を獲得し、2002年の4枚目のアルバム『Lifted or The Story Is in the Soil, Keep Your Ear to the Ground』は米チャートのトップ 200 にランクインした。『A Christmas Album』( 2002 年)をはさみ、2005 年には『I'm Wide Awake, It's Morning』『 Digital Ash in a Digital Urn』と 2 枚のアルバムを同時リリース。前者は米チャートの 10 位、後者は 15 位と大ヒットを記録。その後、2007 年には 8 枚目のアルバム『Cassadaga』 (全米 4 位)、2011 年には 9 枚目のアルバム『The People's Key』(全米 13 位)をリリースした。
2020 年は Bright Eyes が戻ってくる年でもある。『The People's Key』以降、バンドは長く休止。Mike Mogis はプロデューサー、Nate Walcott はコンポーザー/スタジオ・ミュージシャンとしての仕事を行い、Conor Oberstはソロ、Desaparecidos(自身のパンク・バンド)、Better Oblivion Community Center(Phoebe Bridgers とのプロジェクト)等で活動していたが、3 人は再開。新たにインディ・レーベル、Dead Oceans と契約し、この試練の時代からの脱出と対立の為、再び Bright Eyes を始動させることとなった。






スポンサーサイト



2020-02-26 : Bright Eyes :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム