FC2ブログ

■JAIME WYATT | 前作『フェロニー・ブルース』が話題となった米ロサンジェルス出身のカントリー・シンガー、ジェイミー・ワイアット。シューター・ジェニングスのプロデュースによるセカンド・アルバム『ネオン・クロス』、リリース。故ニール・カサール(クリス・ロビンソン・ブラザーフッド、ライアン・アダムス&ザ・カーディナルズ)がゲスト参加。



2020.6.3 ON SALE

前作『フェロニー・ブルース』が話題となった米ロサンジェルス出身のカントリー・シンガー、ジェイミー・ワイアット。シューター・ジェニングスのプロデュースによるセカンド・アルバム『ネオン・クロス』、リリース。故ニール・カサール(クリス・ロビンソン・ブラザーフッド、ライアン・アダムス&ザ・カーディナルズ)がゲスト参加。


■アーティスト:JAIME WYATT(ジェイミー・ワイアット)
■タイトル:NEON CROSS(ネオン・クロス)
■品番:NW6477CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,300+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Sweet Mess
2. Neon Cross
3. L I V I N
4. Make Something Outta Me
5. By Your Side
6. Just A Woman
7. Goodbye Queen
8. Mercy
9. Rattlesnake Girl
10. Hurt So Bad
11. Demon Tied To A Chair In My Brain

Jaime Wyattの新作『Neon Cross』から学ぶ教訓があるとすれば、それは「人生は続く」ということだ。良い時も悪い時も、夢を見ている時も絶望している時も、そのすべてに真実はある。テープにそうした真実を記録する際、WyattはアルバムのプロデューサーであるShooter Jenningsの力を借りた。タフなロック(「Goodbye Queen」「Make Something Outta Me」)やホンキー・トンク(「LIVIN」「Hurts So」)がアルバムには収録され、呻くミスティなギター(「Mercy」)や風格のあるピアノ(「Sweet Mess」)、スペーシーなエフェクト(「Make Something Outta Me」)やフィドル(「Demon Tied to a Chair in My Brain」)、更にはタイトル・トラックのBuddy Hollyスタイルのリズムまで、様々な音のキャンディーが11曲には散りばめられている。




スポンサーサイト



2020-03-16 : New West Records :
« next  ホーム  prev »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム