FC2ブログ

■Stef Chura | ミシガン州デトロイトをベースに活動するインディ・ロック・ミュージシャン、ステフ・チュラ。ピッチフォーク、ローリング・ストーン等、メディアから高い評価を獲得したデビュー・アルバム『メッシズ』がサドル・クリークよりリイシュー。



2019.3.20 ON SALE

ミシガン州デトロイトをベースに活動するインディ・ロック・ミュージシャン、ステフ・チュラ。ピッチフォーク、ローリング・ストーン等、メディアから高い評価を獲得したデビュー・アルバム『メッシズ』がサドル・クリークよりリイシュー。


■アーティスト:STEF CHURA(ステフ・チュラ)
■タイトル:MESSES(メッシズ)
■品番:LBJ-270CDJ [国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,000+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
01. Slow Motion
02. You
03. Thin
04. Human Being
05. Faded Heart
06. Spotted Gold
07. Time To Go
08. Messes
09. On and Off For You
10. Becoming Shadows
11. Speeding Ticket

Stef Churaはミシガン州デトロイトをベースに活動するインディ・ロック・ミュージシャンだ。ミシガン州アルピーナ出身のStef Churaは2009年に同州のイプシランティでライヴ活動を開始。2012年にはデトロイトへ移った。その間、ホーム・レコーディングもおこない、楽曲を自主リリース。2015年にはFred Thomas(B)、Ryan Clancy(Dr)と共にアルバムのレコーディングを開始した。こうして完成したアルバム『Messes』は2017年にUrinal Cake Recordsからリリースされ、Pitchfork、Rolling Stone、Exclaim!等から高い評価を獲得。これを機に、Stef ChuraはSaddle Creekと契約。2018年2月に『Messes』はSaddle Creekからリイシューされた。




2019-02-19 : Saddle Creek :

■Sam Evian | ニューヨークをベースに活動するミュージシャン/ソングライター/プロデューサー、サム・オーウェンズのプロジェクト、サム・エヴィアン。約2年振りとなるセカンド・アルバム『ユー、フォエヴァー』、サドル・クリークよりリリース。



2019.3.20 ON SALE

ニューヨークをベースに活動するミュージシャン/ソングライター/プロデューサー、サム・オーウェンズのプロジェクト、サム・エヴィアン。約2年振りとなるセカンド・アルバム『ユー、フォエヴァー』、サドル・クリークよりリリース。


■アーティスト:SAM EVIAN(サム・エヴィアン)
■タイトル:YOU, FOREVER(ユー、フォエヴァー)
■品番:LBJ-265CDJ [国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,000+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
01. IDGA
02. Where Did You Go?
03. Health Machine
04. Anybody
05. Apple
06. Country
07. Next to You
08. Summer Day
09. Now I Feel It
10. You, Forever
11. Katie's Rhodes

Sam Evianはニューヨークをベースに活動するシンガー/ソングライター/マルチインストゥルメンタリスト/プロデューサー、Sam Owensのプロジェクトだ。2016年9月、Saddle Creekよりデビュー・アルバム『Premium』をリリース。ブルックリンのスタジオ、Figure 8で制作が行われ、閉鎖される直前のニューヨークの伝説的なスタジオ、Magic Shopレコーディングされたこの作品は好評を博した。当『You, Forever』は、Sam Evianの約2年振りとなるセカンド・アルバムだ。収録曲は前作のツアー(その中にはWhitney、Big Thief、Teenage Fanclub、Luna、Nick Hakim、Lucius他のオープニングも含まれる)での経験を経て書かれており、2017年の7月にレコーディングは開始された。バンド・メンバーはBrian Betancourt(bass)、Austin Vaughn(drums)、Adam Brisbin(guitar)で、Hannah Cohenもバックアップ・ヴォーカルで参加した。




2019-02-18 : Saddle Creek :

■The Mynabirds | ザ・ポスタル・サーヴィスのリユニオン・ツアーのメンバーとしても知られるローラ・バーヘンのプロジェクト、ザ・マイナバーズ。前作から2年振りとなる自身4枚目のアルバム『ビー・ヒア・ナウ』がついに完成。



2019.3月下旬 ON SALE

ザ・ポスタル・サーヴィスのリユニオン・ツアーのメンバーとしても知られるローラ・バーヘンのプロジェクト、ザ・マイナバーズ。前作から2年振りとなる自身4枚目のアルバム『ビー・ヒア・ナウ』がついに完成。


■アーティスト:THE MYNABIRDS(ザ・マイナバーズ)
■タイトル:BE HERE NOW(ビー・ヒア・ナウ)
■品番:LBJ-261LP [輸入盤]
■価格:輸入盤オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Be Here Now
2. New Moon
3. Golden Age
4. Shouting at the Dark
5. Cocoon
6. Witch Wolf
7. Ashes in the Rain
8. Hold On
9. Wild Hearts

The MynabirdsはSSWでピアニストのLaura Burhennによって結成されたアメリカのインディ・ポップ・バンドだ。ワシントンDCで生まれたLaura Burhennは、幾つかの作品を自主リリースした後、Q And Not UのJohn DavisとGeorgie Jamesを結成。2007年にアルバム『Places』をリリースするも解散してしまう。その後、2009年にThe Mynabirdsを結成。直ぐにSaddle Creekと契約を結び、レーベルのあるネブラスカのオマハに移る。2010年、The Mynabirdsはデビュー・アルバム『What We Lose In The Fire We Gain In The Flood』をリリース。アルバムは大きな評価を獲得し、バンドはBright Eyes他とツアーをおこなった(またLaura Burhennは、Bright Eyesのメンバーとしてこの時期のBright Eyesのツアーにも同行している)。2012年、The Mynabirdsはセカンド・アルバム『Generals』リリースし、翌2013年、Laura BurhennはThe Postal Serviceのリユニオン・ツアーのメンバーとしてツアー。Jenny Lewisとともにバックアップ・ヴォーカルを提供した。そして2015年、The MynabirdsはBlack EnglishのBradley Hanan Carterのプロデュースによるサード・アルバム『Lovers Know』をリリースした。アメリカでは2017年8月にリリースされた当『Be Here Now』は、2年振りとなる4枚目のアルバムだ。Patrick Damphierのプロデュースによるこのアルバムは、僅か2週間でレコーディングされた。




2019-02-18 : Saddle Creek :

■The Rural Alberta Advantage | ジュノ・アワードやポラリス・ミュージック・プライズにもノミネートされるトロントのインディ・ロック・バンド、ザ・ルーラル・アルバータ・アドヴァンテージの新作が完成。3年振り、通算4枚目のアルバム『ザ・ワイルド』、リリース。



2019.3.20 ON SALE

ジュノ・アワードやポラリス・ミュージック・プライズにもノミネートされるトロントのインディ・ロック・バンド、ザ・ルーラル・アルバータ・アドヴァンテージの新作が完成。3年振り、通算4枚目のアルバム『ザ・ワイルド』、リリース。


■アーティスト:THE RURAL ALBERTA ADVANTAGE(ザ・ルーラル・アルバータ・アドヴァンテージ)
■タイトル:THE WILD(ザ・ワイルド)
■品番:LBJ-260CDJ [国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,000+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
01. Beacon Hill
02. Bad Luck Again
03. Dead / Alive
04. Brother
05. Toughen Up
06. White Lights
07. Alright
08. Selfish Dreams
09. Wild Grin
10. Letting Go

The Rural Alberta AdvantageはNils Edenloff、Robin Hatch、Paul Banwattの3人によるインディ・ロック・バンドで、2005年にカナダのトロントで結成された。結成後、バンドはデモ・テープとEPを自主リリースし、2008年にファースト・アルバム『Hometowns』をリリースした。アルバムのリリース後、バンドはカナダをツアー。Pop MontrealやHalifax Pop Explosionといったフェスティヴァルでもプレイ。同年の11月にはeMusicのフィーチャード・アーティスト・オブ・ザ・マンスにも選ばれた。こうしたカナダでの活躍を受け、バンドはSaddle Creekと契約。同アルバムは2009年に全米でもリリースされ、Pitchforkで8/10点を獲得するなど大きな評価を獲得した。2011年、カナダはPaper Bag、アメリカはSaddle Creekよりセカンド・アルバム『Departing』をリリース。アルバムは同年のポラリス・ミュージック・プライズのロングリストにもノミネートされた。2014年、バンドはサード・アルバム『https://en.wikipedia.org/wiki/Mended_with_Gold』をリリースするも、2016年、Amy Coleが脱退。Robin Hatchが加入した。当『The Wild』は3年振り、通算4枚目のアルバムで、アルバムからのリード・シングルは「Beacon Hill」となる。





2019-02-18 : Saddle Creek :

■Twinsmith | ネブラスカ州オマハのポップ・ロック・バンド、ツインスミスの新作が完成。高い評価を獲得した前作から2年、ザ・フェイントのグラハム・ウリックニーをプロデュースに起用したサード・アルバム『ステイ・クール』、リリース。



2019.3月下旬 ON SALE

ネブラスカ州オマハのポップ・ロック・バンド、ツインスミスの新作が完成。高い評価を獲得した前作から2年、ザ・フェイントのグラハム・ウリックニーをプロデュースに起用したサード・アルバム『ステイ・クール』、リリース。


■アーティスト:TWINSMITH(ツインスミス)
■タイトル:STAY COOL(ステイ・クール)
■品番:LBJ-257LP [輸入盤]
■価格:輸入盤オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Hug Me
2. You & I
3. Matters
4. Defend Yourself
5. Every Step
6. Boji
7. Only You
8. Forever Old.

Twinsmithはネブラスカ州オマハのポップ・ロック・バンドだ。2013年にセルフタイトルのデビュー・アルバム『Twinsmith』をリリース。地元のオマハ・エンターテインメント・アワードでベスト・アーティスト・オブ・ザ・イヤーにもノミネートされた。2015年にはセカンド・アルバム『Alligator Years』をリリース。Saddle Creek第一弾となったこのアルバムは地元オマハでレコーディングされ、プロダクションはImagine Dragonsを手掛けたことでも知られるThe Envy CorpsのLuke PettipooleとBrandon Darnerが担当。「プロパルシヴでダイナミック。ディープなレトロ・ポップに溢れている」(AV Club)等、アルバムは高い評価を獲得した。米では2017年7月にリリースされた当『Stay Cool』は自身3枚目のアルバムで、アルバムのプロデュースはGraham Ulicny(Reptar、The Faint)が手掛けた。




2019-02-18 : Saddle Creek :

■Hand Habits | ワイズ・ブラッドやケヴィン・モービーとの活動でも知られるギタリスト/シンガーのメグ・ダフィー。彼女のプロジェクト、ハンド・ハビッツが2年振りとなる通算2枚目のアルバム『プレイスホルダー』をサドル・クリークよりリリース。



2019.3.13 ON SALE

ワイズ・ブラッドやケヴィン・モービーとの活動でも知られるギタリスト/シンガーのメグ・ダフィー。彼女のプロジェクト、ハンド・ハビッツが2年振りとなる通算2枚目のアルバム『プレイスホルダー』をサドル・クリークよりリリース。


■アーティスト:HAND HABITS(ハンド・ハビッツ)
■タイトル:PLACEHOLDER(プレイスホルダー)
■品番:LBJ-291CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■定価:¥2,000+税
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. placeholder
2. can’t calm down
3. pacify
4. jessica
5. yr heart [reprise]
6. heat
7. are you serious?
8. wildfire
9. what’s the use
10. guardrail/pwrline
11. what lovers do
12. the book on how to change part II

Hand Habits - can't calm down


Hand Habits - placeholder


Hand HabitsはMeg Duffyのパフォーマンス名だ。フォーキーでドリーミーなベッドルーム・ポップを鳴らすニューヨーク出身のMeg Duffyは、2014年、Eschatone RecordsよりPegとのスプリット10インチをリリース。その後、Kevin MorbyやMega Bog (Erin Birgy)といったソングライターのバンド・メンバーとして活動。また、2016年にリリースされたWeyes Blood やAmber Arcadesのアルバムでもギターをプレイした。2017年、Meg DuffyはWoodsistよりデビュー・アルバム『Wildly Idle (Humble Before The Void)』をリリース。セルフ・プロデュースでホーム・レコーディングされたこのアルバムは高い評価を獲得した。当『Placeholder』は約2年ぶりとなるHand Habitsのニュー・アルバムだ。レコーディングにあたり、Meg Duffyはレコーディング・スタジオを使用することを選択。また、パーソナルに作り上げられた過去の作品とは違い、コラボレーター達も起用した。アルバムは2019年3月、Saddle Creekよりリリースされる。
「ここ数年の間にMeg Duffyは、Kevin MorbyからMega BogのErin Birgy、そしてThe War on Drugsまで、多くのインディ・ロックのアーティスト達にとっての人気ギタリストとなった。そして今、そうしたアーティストの中にHand Habitsが加わることになった」(Pitchfork)





2019-02-18 : Saddle Creek :

■Land Of Talk | モントリオールのインディロック・バンド、ランド・オブ・トークの7年振りの新作が完成。ポラリス・ミュージック・プライズにもノミネートされた前作から7年、ジョン・アグネロ(ソニック・ユース、カート・ヴァイル)とジェイス・ラセック(ベスナード・レイクス)のプロデュースによるサード・アルバム『ライフ・アフター・ユース』、リリース。シャロン・ヴァン・エッテン、スティーヴ・シェリー(ソニック・ユース)、サル・メイダ(ロキシー・ミュージック、スパークス)をフィーチャリング。



2017.5.24 ON SALE 

モントリオールのインディロック・バンド、ランド・オブ・トークの7年振りの新作が完成。ポラリス・ミュージック・プライズにもノミネートされた前作から7年、ジョン・アグネロ(ソニック・ユース、カート・ヴァイル)とジェイス・ラセック(ベスナード・レイクス)のプロデュースによるサード・アルバム『ライフ・アフター・ユース』、リリース。シャロン・ヴァン・エッテン、スティーヴ・シェリー(ソニック・ユース)、サル・メイダ(ロキシー・ミュージック、スパークス)をフィーチャリング。


■アーティスト:LAND OF TALK(ランド・オブ・トーク)
■タイトル:LIFE AFTER YOUTH(ライフ・アフター・ユース)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:LBJ-258CDJ[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,000+税
■収録曲目:
1. Yes You Were
2. This Time
3. Loving
4. What Was I Thinking?
5. Spiritual Intimidation
6. Heartcore
7. Inner Lover
8. World Made
9. In Florida
10. Macabre

Land Of Talk - Inner Lover


Land Of Talkはシンガー/ギタリストのElizabeth Powellによってカナダのモントリオールで2006年に結成されたインディロック・バンドだ。14才の頃から曲を書き始めたElizabeth Powellは、バンド結成前はELE_K*という名のもとソロで活動をしていたが、ジャズのプログラミングを学ぶ為に通っていた大学でChris McCarronとBucky Wheatonに出会い、Land Of Talkの結成に至った。2008年10月、バンドはデビュー・アルバム『Some Are Lakes』をカナダはSecret City、アメリカはSaddle Creekよりリリース。アルバムはBon IverのJustin Vernonによってプロデュースされ、The SlipのAndrew Barrがドラムをプレイした。2010年8月には、セカンド・アルバム『Cloak And Cipher』をSaddle Creekよりリリース。Patrick Watsonをはじめ、StarsやArcade Fireのメンバーも参加したこのアルバムは大きな評価を獲得。カナダ版マーキュリー・プライズとも喩えられるポラリス・ミュージック・プライズにもノミネートされたが、バンドは休息期間に入っていった。2015年4月、バンドはRoots North Music Festivalに出演し、2011年以来となるライブを実施。2016年にも幾つかのライブをこなし、新曲「Inner Lover」と共に、2017年5月にサード・アルバム『Life After Youth』をリリースすることを発表した。当『Life After Youth』は、Land Of Talkの7年ぶりのアルバムとなる。プロデュースとミックスはJohn Agnello(Kurt Vile、Sonic Youth)とJace Lasek(The Besnard Lakes)。キャリアの中でも最高のElizabeth Powellのヴォーカルを聴くことができ、オリジナルのメンバーでもあるBucky Wheatonがバンドに戻りドラムをプレイ。Sharon Van Etten、Steve Shelley(Sonic Youth)、Sal Maida(Roxy Music/Sparks)、The Besnard Lakesもフィーチャリングされている。



2017-04-11 : Saddle Creek :

■Bright Eyes | コナー・オバースト率いるブライト・アイズの初期4作品を世界屈指のマスタリングエンジニア、ボブ・ラディック(Bob Ludwig)がリマスタリング。ジミ・ヘンドリクス、ジャニス・ジョップリン、レッド・ツェッペリン、クイーン、ローリングストーンズ、エリック・クラプトン、ポリス、ニルヴァーナ等、数多くのアーティスの作品を手掛けてきたレジェンドによるブライト・アイズのアルバムのリマスター盤、リリース。



コナー・オバースト率いるブライト・アイズの初期4作品を世界屈指のマスタリングエンジニア、ボブ・ラディック(Bob Ludwig)がリマスタリング。
ジミ・ヘンドリクス、ジャニス・ジョップリン、レッド・ツェッペリン、クイーン、ローリングストーンズ、エリック・クラプトン、ポリス、ニルヴァーナ等、数多くのアーティスの作品を手掛けてきたレジェンドによるブライト・アイズのアルバムのリマスター盤、リリース。

2016.11.9 ON SALE
今や全米を代表するシンンガー・ソングライターにまで成長したコナー・オバースト率いるブライト・アイズが2000年にサドル・クリークよりリリースしたサード・アルバム。ボブ・ラディックによるリマスター盤。

■アーティスト:BRIGHT EYES(ブライト・アイズ)
■タイトル:FEVERS AND MIRRORS(フィーヴァーズ・アンド・ミラーズ) *ボブ・ラディックによるリマスター盤

品番:LBJ-235CDJ [国内流通仕様]/価格:¥2,000+税
【収録曲目】
1. A Spindle, a Darkness, a Fever, and a Necklace
2. A Scale, a Mirror and Those Indifferent Clocks
3. The Calendar Hung Itself...
4. Something Vague
5. The Movement of a Hand
6. Arienette
7. When the Curious Girl Realizes She Is under Glass
8. Haligh, Haligh, a Lie, Haligh
9. The Center of the World
10. Sunrise, Sunset
11. An Attempt to Tip the Scales
12. A Song to Pass the Time

2016.11.9 ON SALE
今や全米を代表するシンンガー・ソングライターにまで成長したコナー・オバースト率いるブライト・アイズが2002年にサドル・クリークよりリリースした4枚目のアルバム。ボブ・ラディックによるリマスター盤。

■アーティスト:BRIGHT EYES(ブライト・アイズ)
■タイトル:LIFTED OR THE STORY IS IN THE SOIL, KEEP YOUR EAR TO THE GROUND(リフテッド・オア・ザ・ストーリー・イズ・イン・ザ・ソイル、キープ・ユア・イヤー・トゥ・ザ・グラウンド) *ボブ・ラディックによるリマスター盤

品番:LBJ-236CDJ [国内流通仕様]/価格:¥2,000+税
【収録曲目】
1. The Big Picture
2. Method Acting
3. False Advertising
4. You Will. You? Will. You? Will. You? Will.
5. Lover I Don't Have to Love
6. Bowl of Oranges
7. Don't Know When But a Day Is Gonna Come
8. Nothing Gets Crossed Out
9. Make War
10. Waste of Paint
11. From a Balance Beam
12. Laura Laurent
13. Let's Not Shit Ourselves (to Love and to Be Loved)

2016.11.16 ON SALE
今や全米を代表するシンンガー・ソングライターにまで成長したコナー・オバースト率いるブライト・アイズがサドル・クリークより『デジタル・アッシュ・イン・ア・デジタル・アーン』と2005年に同時発売したアルバム。ボブ・ラディックによるリマスター盤。

■アーティスト:BRIGHT EYES(ブライト・アイズ)
■タイトル:I'M WIDE AWAKE, IT'S MORNING(アイム・ワイド・アウェイク、イッツ・モーニング) *ボブ・ラディックによるリマスター盤

品番:LBJ-237CDJ [国内流通仕様]/価格:¥2,000+税
【収録曲目】
1. At the Bottom of Everything
2. We Are Nowhere and It's Now
3. Old Soul Song (for the New World Order)
4. Lua
5. Train Under Water
6. First Day of My Life
7. Another Travelin' Song
8. Land Locked Blues
9. Poison Oak
10. Road to Joy

2016.11.16 ON SALE
今や全米を代表するシンンガー・ソングライターにまで成長したコナー・オバースト率いるブライト・アイズがサドル・クリークより『アイム・ワイド・アウェイク、イッツ・モーニング』と2005年に同時発売したアルバム。ボブ・ラディックによるリマスター盤。

■アーティスト:BRIGHT EYES(ブライト・アイズ)
■タイトル:DIGITAL ASH IN A DIGITAL URN(デジタル・アッシュ・イン・ア・デジタル・アーン)*ボブ・ラディックによるリマスター盤

品番:LBJ-238CDJ [国内流通仕様]/価格:¥2,000+税
【収録曲目】
1. Time Code
2. Gold Mine Gutted
3. Arc of Time (Time Code)
4. Down in a Rabbit Hole
5. Take It Easy (Love Nothing)
6. Hit the Switch
7. I Believe in Symmetry
8. Devil in the Details
9. Ship in a Bottle
10. Light Pollution
11. Theme to Pinata
12. Easy-Lucky-Free

【ブライト・アイズ / コナー・オバースト】
ブライト・アイズはネブラスカ州オマハ出身のシンンガー・ソングライター/ギタリスト、コナー・オバーストによって結成されたインディ・ロック・バンドだ。メンバーのラインナップの入れ替わりはあるが、コナーの他、プロデューサーでもあるマイク・モギスとネイト・ウォルコットがバンドに属している。ブライト・アイズは1998年にサドル・クリークよりデビュー・アルバム『ア・コレクション・オブ・ソングス・リトゥン・アンド・レコーデッド 1995‐1997』とセカンド・アルバム『レッティング・オフ・ザ・ハッピネス』をリリース。1999年のEP『エヴリデイ・アンド・エヴリナイト』をはさみ、2000年のサード・アルバム『フィーヴァーズ・アンド・ミラーズ』で高評価を獲得する。EP『ゼア・イズ・ノー・ビギニング・トゥ・ザ・ストーリー』をリリース後、2002年に4枚目のアルバム『リフテッド・オア・ザ・ストーリー・イズ・イン・ザ・ソイル、キープ・ユア・イヤー・トゥ・ザ・グラウンド』をリリース。米チャートのトップ200にランクインする。2005年には『アイム・ワイド・アウェイク、イッツ・モーニング』『デジタル・アッシュ・イン・ア・デジタル・アーン』の2枚のアルバムを同時リリース。前者は米チャートの10位、後者は15位と大ヒットを記録する。その後、2006年の未発表曲他を集めたコンピレーション・アルバム『ノイズ・フロア(レアリティーズ:1998-2005)』をはさみ、2007年には7枚目のアルバム『カッサダーガ』、2011年には8枚目のアルバム『ザ・ピープルズ・キー』をリリースしている。またブライト・アイズは、2001年のサン、アンビュランスとの『オー・ホーリー・フールズ - ザ・ミュージック・オブ・サン、アンビュランス・アンド・ブライト・アイズ』、2004年(2010年に4曲の新曲を追加して再発)のネヴァ・ディノヴァとの『ワン・ジャグ・オブ・ワイン、トゥー・ヴェッセルズ』を始め様々なアーティストとのスピリット作品もリリースしている。加えてコナーは、2002年にアルバム『リード・ミュージック/スピーク・スパニッシュ』をリリースしたエモ/ハードコア・バンド、デサパレシドス他、いくつかの別プロジェクトもおこなっている。




2016-09-05 : Saddle Creek :

■Sam Evian | ニューヨークをベースに活動するSSW、サム・エヴィアン。先行シングルが話題となる中、デビュー・アルバム『プレミアム』がサドル・クリークよりリリース。



2016.10.19 ON SALE

ニューヨークをベースに活動するSSW、サム・エヴィアン。
先行シングルが話題となる中、デビュー・アルバム『プレミアム』がサドル・クリークよりリリース。


SAM EVIAN
“PREMIUM”

サム・エヴィアン『プレミアム』
■品番:LBJ-241CDJ[国内流通仕様]■価格:¥2,000+税
【収録曲目】
1. Sleep Easy
2. Cactus
3. Dark Love
4. Big Car
5. Carolina
6. I Need a Man
7. Summer Running
8. Golden Skull
9. Tear

Sam Evian - Sleep Easy


『Premium』はニューヨークをベースに活動するシンガー/ソングライター/マルチインストゥルメンタリスト/プロデューサー、Sam Evianのデビュー・アルバムで、2016年の秋、Saddle Creekよりリリースされる。「デジタルの世界の中でのアナログ・ドリーム」と自身が表現する同作は、Jackson Browne、Shuggie Otis、Sly And The Family Stone、The Bandといった往年のアーティストや、Cass McCombs、Broadcast、Cate Le Bon、Chris Cohenといった現下のアーティストからの影響下、ブルックリンのスタジオ、Figure 8で制作が開始された。アルバムの制作は、友達のミュージシャンを集めたリラックスした雰囲気の中でおこなわれ、ドラムはAustin Vaughn(Here We Go Magic、Luke Temple)、ベースはBrian Betancourt(Hospitality、Here We Go Magic、Luke Temple)、キーボードは経験豊かなプレイヤーでプロデューサーでもあるMichael Colemanが担当。ペダル・スティールとしてDan Iead(Cass McCombs)も参加した。また、アルバムのレコーディングは、正に閉鎖される直前のニューヨークの伝説的なスタジオ、Magic Shopで行われた。




2016-09-05 : Saddle Creek :

■The Thermals | オレゴン州ポートランド出身のインディロック・バンド、ザ・サーマルズ。 元デス・キャブ・フォー・キューティーのクリス・ウォラのプロデュースによる7枚目のアルバムをリリース。



2016.3.30 ON SALE

オレゴン州ポートランド出身のインディロック・バンド、ザ・サーマルズ。
元デス・キャブ・フォー・キューティーのクリス・ウォラのプロデュースによる7枚目のアルバムをリリース。


THE THERMALS
“WE DISAPPEAR”

ザ・サーマルズ『ウィ・ディサピア』
■品番:LBJ-225CDJ[国内流通仕様]■価格:¥2,000+税
※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
【収録曲目】
1. Into the Code
2. My Heart Went Cold
3. Hey You
4. If We Don’t Die Today
5. The Great Dying
6. In Every Way
7. The Walls
8. Thinking of You
9. Always Never Be
10. Years in a Day

The Thermals - Hey You


ザ・サーマルズはオレゴン州ポートランド出身のインディロック・バンドで2002年に結成された。現在のメンバーはHutch Harris(Vo, G)、Kathy Foster(B)、Westin Glass(Dr)の3人で、2003年にファースト・アルバム『More Parts Per Million』をSub Popよりリリースした。2004年のセカンド・アルバム『Fuckin A』をはさみ、2006年にはサード・アルバム『The Body, The Blood, The Machine』をリリース。このアルバムがPitchfork等のメディアから高い評価を獲得し、バンドは大きな注目を浴びるようになった。その後、Kill Rock Starsより『Now We Can See』(2009年)、『Personal Life』(2010年)をリリースし、2013年には6枚目のアルバム『Desperate Ground』をSaddle Creekよりリリースした。当『We Disappear』はザ・サーマルズの7枚目のアルバムで、アルバムのプロデュースは元デス・キャブ・フォー・キューティーのクリス・ウォラ。ポートランドのKung Fu Bakery(The Shins, Tegan and Sara)とシアトルのThe Hall of Justice(Nirvana, Mudhoney)でレコーディングされた作品だ。




2016-01-24 : Saddle Creek :
« 前のページ  ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム