FC2ブログ

■The Pineapple Thief | ギャヴィン・ハリソン(キング・クリムゾン、ポーキュパイン・ツリー)参加後2枚目、通算12枚目となるアルバム『デソリューション』(2018年)も英トップ40ヒットを記録し、ロック/メタル・チャートでは1位を獲得したイギリスのネオ・プログレッシヴ・ロック・バンド、パイナップル・シーフ。彼らが2008年にリリースしたKscope移籍第一弾、通算7枚目のアルバム『タイトリー・アンワウンド』を、スティーヴ・キッチ(オーディオマスター)のリマスターにより、2枚組LPでリリース。【リマスター盤】



2019.1月下旬 ON SALE

ギャヴィン・ハリソン(キング・クリムゾン、ポーキュパイン・ツリー)参加後2枚目、通算12枚目となるアルバム『デソリューション』(2018年)も英トップ40ヒットを記録し、ロック/メタル・チャートでは1位を獲得したイギリスのネオ・プログレッシヴ・ロック・バンド、パイナップル・シーフ。彼らが2008年にリリースしたKscope移籍第一弾、通算7枚目のアルバム『タイトリー・アンワウンド』を、スティーヴ・キッチ(オーディオマスター)のリマスターにより、2枚組LPでリリース。【リマスター盤】


■アーティスト:THE PINEAPPLE THIEF(パイナップル・シーフ)
■タイトル:TIGHTLY UNWOUND(タイトリー・アンワウンド)
■品番:KSCOPE993[輸入盤]
■価格:輸入盤オープン・プライス
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
(SIDE A)
1. My Debt To You
2. Shoot First
3. Sinners
(SIDE B)
1. Tightly Wound
2. The Sorry State
3. My Bleeding Hand
(SIDE C)
1. Different World
2. And So Say All Of You
(SIDE D)
1. Too Much To Lose

Pineapple Thief - My Debt to You (Tightly Unwound,2008)


【The Pineapple Thief / パイナップル・シーフ】
The Pineapple Thiefは1999年にBruce Soordによって英サマセットで始められたプログレッシヴ・ロック・バンドだ。現在のメンバーはBruce Soord(Vo/G)、Jon Sykes(B)、Steve Kitch(Key)、Gavin Harrison(Dr)、Darran Charles(G)の5人。1999年、Bruceはデビュー・アルバム『Abducting the Unicorn』をCyclops Recordsよりリリース。2002年にはセカンド・アルバム『137』、2003年にはサード・アルバム『Variations on a Dream』をリリースし、ファン・ベース確立。その後、BruceはThe Pineapple Thieをバンド形態に移行させ、友達であったJon Sykes(B)、Wayne Higgins(G)、Matt O'Leary(Key)、Keith Harrison(Dr)を加えた5人体制で4枚目のアルバム『10 Stories Down』を2005年にリリースした。キーボードが現メンバーのSteve Kitchに代わり、2006年には5枚目のアルバム『Little Man』、2007年には6枚目のアルバム『What We Have Sown』をリリース。バンドは『What We Have Sown』を最後にCyclops Recordsを離れ、Kscopeと契約した。2008年初頭、Wayne Higginsが脱退するも、バンドは4人体制でツアーをおこない、同年5月、7枚目のアルバム『Tightly Unwound』をリリース。2010年には8枚目のアルバム『Someone Here Is Missing』、2012年には9枚目のアルバム『All the Wars』をリリースした。2014年、ドラムがDan Osborneに代わった後、バンドは10枚目のアルバム『Magnolia』をリリース。アルバムはUKチャートの55位にランクイン。2016年には、ドラムをGavin Harrisonに代え、ギターのDarran Charlesを加えた形で11枚目のアルバム『Your Wilderness』、2018年には12枚目のアルバム『Dissolution』をリリースした。




2018-12-13 : The Pineapple Thief :

■Ed Wynne | イギリスのフェスティヴァル・シーンに大きな影響を与えたインストゥルメンタル・サイケデリック・ロック・バンド、オズリック・テンタクルズ。その創設者で唯一のオリジナル・メンバー、エド・ウィンのデビュー・ソロ・アルバム『シマー・イントゥ・ネイチャー』が完成。



2019.1.30 ON SALE

イギリスのフェスティヴァル・シーンに大きな影響を与えたインストゥルメンタル・サイケデリック・ロック・バンド、オズリック・テンタクルズ。その創設者で唯一のオリジナル・メンバー、エド・ウィンのデビュー・ソロ・アルバム『シマー・イントゥ・ネイチャー』が完成。


■アーティスト:ED WYNNE(エド・ウィン)
■タイトル:SHIMMER INTO NATURE(シマー・イントゥ・ネイチャー)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番: KSCOPE627J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,350+税
■収録曲目:
1. Glass Staircase
2. Travel Dust
3. Oddplonk
4. Shim
5. Wherble

Ed Wynne - Shimmer into Nature (trailer)


Ed WynneはOzric Tentaclesの創設者/ギタリストで、唯一のオリジナル・メンバーとして知られる。Ozric Tentaclesは英サマセットで1983年に結成されたインストゥルメンタル・ロック・バンドだ。1985年の『Erpsongs』を皮切りに、当初はカセットで音源をリリース。1989年には自主レーベル、Dovetail Recordsを設立し、オフィシャルのファースト・アルバム『Pungent Effulgent 』をリリースした。この頃からバンドは一般的な人気を獲得するようになり、1990年にはセカンド・アルバム『Erpland』、1991年にはサード・アルバム『Strangeitude』をリリース。『Strangeitude』収録のシングル「Sploosh!」は、UKインディ・チャートで1位、続く1993年のアルバム『Jurassic Shift』はUKアルバム・チャートで11位、同インディ・チャートで1位を獲得した。その後、最新作である2015年の『Technicians of the Sacred』まで、継続的にアルバムをリリース。目下、30枚以上のアルバムをリリースし、一度もメジャー・レーベルと契約することなく、100万枚以上のアルバムをワールド・ワイドで売り上げている。Ozric Tentaclesの音楽性は多岐にわたる。カンタベリー・ロックを代表するSteve HillageやGongの影響を強く感じさせ、サイケデリック・ロック、プログレッシヴ・ロック、スペース・ロック、ジャズ/フュージョン、エレクトロニック、ダブ、ワールド等、あらゆるジャンルを融合したサウンドを鳴らす。また、楽曲の大半はインストゥルメンタルである。昨今では、UKのミュージック・フェステイヴァルの再興に大きな影響を及ぼしたバンド、として広く認識されている。当『Shimmer Into Nature』はEd Wynne、初のソロ・アルバムとなる。アルバムは全曲、Ed Wynneによって書かれ、プログラミング、ミックス、演奏も全て自身がおこなった。マスタリングはRe:CreationスタジオのAdam Goodlet、アートワークはイギリスのサイケデリック・イラストレーラー、John Hurfordが手掛けた。






2018-12-13 : Snapper Music :

■Nosound | イタリア人、ジャンカルロ・エラ率いるロック・バンド、ノーサウンドが2008年にリリースしたセカンド・アルバム。ボーナス・トラック4曲を追加したリマスター・ヴァージョンで、ノー・マンのティム・ボウネスもフィーチャー。【リマスター盤】



2019.1.30 ON SALE

イタリア人、ジャンカルロ・エラ率いるロック・バンド、ノーサウンドが2008年にリリースしたセカンド・アルバム。ボーナス・トラック4曲を追加したリマスター・ヴァージョンで、ノー・マンのティム・ボウネスもフィーチャー。【リマスター盤】


■アーティスト:NOSOUND(ノーサウンド)
■タイトル:LIGHTDARK(ライトダーク)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番: KSCOPE621J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■価格:¥1,750+税
■収録曲目:
1. About Butterflies And Children
2. Places Remained
3. The Misplay
4. From Silence To Noise
5. Someone Starts To Fade Away
6. Kites
7. Lightdark
8. Cold Afterall (Bonus Track)
9. Like The Elephant (Bonus Track)
10. You Said `I Am...` (Bonus Track)
11. Clouds (Bonus Track)

Nosound - About Butterflies and Children


Nosoundは2002年にイタリア人、Giancarlo Erraによりローマでスタートしたロック・バンドだ。そのサウンドは多岐にわたりプログレッシヴ、オルタナティヴ・ロック、ポスト・ロック、エレクトロニック、アンビエントと様々なジャンルからの影響を受けている。2005年にデビュー・アルバム『Sol29』をリリース。その後、『Lightdark』(2008年)、『A Sense of Loss』(2009年)、『Afterthoughts』(2013年)、『Scintilla』(2016年)、『Allow Yourself』(2018年)とアルバムを発表。『Lightdark』と『A Sense of Loss』はItalian Rock/Prog Music Awardsでベスト・レコーディングを獲得した。当。『Lightdark』はボーナス・トラック4曲を追加したリマスター・ヴァージョンで、No-ManのTim Bownessをフィーチャーした「Someone Starts To Fade Away」等を収録。






2018-12-13 : Snapper Music :

■Gong | 元ソフト・マシーンのデヴィッド・アレンにより結成されたプログレッシヴ・ロック・バンド、ゴングの1973年のアルバム『フライング・ティーポット』のリマスター・ヴァージョン(2015年)。後に続く『エンジェルズ・エッグ』『ユー』との三部作で自身3枚目のアルバム。【リマスター盤】



2019.1.30 ON SALE

元ソフト・マシーンのデヴィッド・アレンにより結成されたプログレッシヴ・ロック・バンド、ゴングの1973年のアルバム『フライング・ティーポット』のリマスター・ヴァージョン(2015年)。後に続く『エンジェルズ・エッグ』『ユー』との三部作で自身3枚目のアルバム。【リマスター盤】


■アーティスト:GONG(ゴング)
■タイトル:FLYING TEAPOT(フライング・ティーポット)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:CHARLYP305J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■価格:¥1,650+税
■収録曲目:
1. Radio Gnome Invisible
2. Flying Teapot
3. The Pot Head Pixies
4. The Octave Doctors & The Crystal Machine
5. Zero The Hero And The Witch`s Spell
6. Witch`s Song / I Am Your Pussy

Gong - Radio Gnome Invisible


Gong は1967年に元Soft MachineのDaevid Allenによって結成されたプログレッシヴ・ロック・バンドだ。1970年にアルバム『Magick Brother』でデビュー。Virginと契約後、1973年にサード・アルバム『Flying Teapot』をリリースするも、5枚目のアルバム『You』を最後にDaevid Allenは脱退。ドラムのPierre Moerlenを中心にPierre Moerlen's Gongとして活動を続ける。1992年、Daevid Allenがバンドに復帰しアルバム『Shapeshifter』をリリース。しかし、2014年のアルバム『I See You』を最後にDaevid Allenは他界。その後もDaevid Allenの遺志を受け継ぎ、バンドは活動を続けている。『Flying Teapot』は元々は1973年にVirginよりリリースされた自身3枚目のアルバムで、後に続く『Angels Egg』(1973年)、『You』(1974年)との三部作となる。当ヴァージョンはSoundmasteringスタジオのNick Robbinsにより2015年にオリジナル・テープからリマス―されたものとなる。






2018-12-13 : Snapper Music :

■VA | ノーザン・ソウルのテンプレートを作り上げた英ウルヴァーハンプトンのクラブ、ザ・カタコムズ。クラブ50周年にあわせ、当クラブのコンピレーション・アルバムをリマスターして180グラム・ヘヴィーウェイト・オーディオファイル・ヴァイナルでリリース。【リマスター盤】



2019.1月下旬 ON SALE

ノーザン・ソウルのテンプレートを作り上げた英ウルヴァーハンプトンのクラブ、ザ・カタコムズ。クラブ50周年にあわせ、当クラブのコンピレーション・アルバムをリマスターして180グラム・ヘヴィーウェイト・オーディオファイル・ヴァイナルでリリース。【リマスター盤】


■アーティスト:VA(ヴァリアス・アーティスツ)
■タイトル:THE CATACOMBS(ザ・カタコムズ)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:CHARLYL188[輸入盤]
■価格:輸入盤オープン・プライス
■アーティスト/収録曲目:
(SIDE A)
1. PP Arnold “Everything`s Gonna Be Alright”
2. Johnny & Lilly “Suffering City”
3. The Ad-Libs “Nothing`s Worse Than Being Alone”
4. Big Al Downing “Medley Of Soul”
5. Bob Wilson “Suzy`s Serenade”
6. Jerry Williams “If You Ask Me (Because I Love You)”
7. Gloria Taylor “You Got To Pay The Price”
8. Boot Hog Pefferley & The Loafers “I'm Not Going To Work Today”
(SIDE B)
1. Kelly Brothers “Love Time”
2. The Showmen “The Wrong Girl”
3. The C.O.D.’s “Michael”
4. Benny Spellman “Lipstick Traces (On A Cigarette)”
5. Bill Black’s Combo “My Girl Josephine”
6. Buster Brown “Fannie Mae”
7. The Sharpees “Tired Of Being Lonely”
8. Bobby Bland “Call On Me”

P. P. Arnold - Everything's Gonna Be Alright


The Catacombsは英ウルヴァーハンプトンのクラブだ。Twisted WheelとGolden Torchとの間の溝に橋を架け、ノーザン・ソウルのテンプレートを作り上げたことで知られる。当『The Catacombs』は、クラブ50周年にあわせ、創設時のDJ、Carl Deneの協力のもと、当クラブのコンピレーション・アルバムをリマスターした作品で、180グラム・ヘヴィーウェイト・オーディオファイル・ヴァイナルでリリースされる。






2018-12-13 : Snapper Music :

■Small Faces | スモール・フェイセスのイミディエイト期のベスト・アルバム。バンドの協力により楽曲はコンパイルされ、2014年にリマスターされた音源を使用。「イチクー・パーク」「レイジー・サンデイ」「ヒア・カムズ・ザ・ナイス」「ティン・ソルジャー」「ザ・ユニヴァーサル」「アフターグロウ・オブ・ユア・ラヴ」等を収録。【リマスター盤】



2019.1.30 ON SALE

スモール・フェイセスのイミディエイト期のベスト・アルバム。バンドの協力により楽曲はコンパイルされ、2014年にリマスターされた音源を使用。「イチクー・パーク」「レイジー・サンデイ」「ヒア・カムズ・ザ・ナイス」「ティン・ソルジャー」「ザ・ユニヴァーサル」「アフターグロウ・オブ・ユア・ラヴ」等を収録。【リマスター盤】


■アーティスト:SMALL FACES(スモール・フェイセス)
■タイトル:GREATEST HITS - THE IMMEDIATE YEARS 1967 - 1969(グレイテスト・ヒッツ~ジ・イミディエイト・イヤーズ・1967 - 1969)
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:CHARLYF847J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,150+税
■収録曲目:
1. Here Come The Nice (Mono)
2. Talk To You (Mono)
3. (Tell Me) Have You Ever Seen Me ? (Mono)
4. Something I Want To Tell You (Mono)
5. Get Yourself Together (Mono)
6. Become Like You (Mono)
7. Green Circles (Mono)
8. Eddie`s Dreaming (Mono)
9. Itchycoo Park (Mono)
10. I`m Only Dreaming (Mono)
11. Tin Soldier (Mono)
12. I Feel Much Better (Mono)
13. Lazy Sunday (Mono - 2012 Remaster)
14. Rollin` Over (Mono - 2012 Remaster)
15. Mad John (Single Version - Mono)
16. The Journey (Single Version - Mono)
17. The Universal (Mono)
18. Donkey Rides, A Penny A Glass (Mono)
19. Afterglow Of Your Love (Single Version - Mono)
20. Wham Bam Thank You Mam (Mono)

Small Faces - Here Come The Nice


Small FacesのImmediate Records期のベスト・アルバム。Kenney JonesとIan “Mac” McLaganの協力のもと、Aサイド、貴重なBサイド、EP等から楽曲をコンパイル。新たに発見されたモノのマスター・テープより2014年にリマスターされた音源を使用し、「Itchycoo Park」「Lazy Sunday」「Here Come The Nice」「Tin Soldier」「The Universal」「Afterglow Of Your Love」等、今尚、世界中でオンエアさるクラシックな60年代ポップを全20曲収録。






2018-12-13 : Snapper Music :

■Behemoth | 名実ともに世界的な人気を誇り、エクストリーム・ミュージックのシーンを代表するポーランドのデスメタル・バンド、ベヒーモス。2枚のEP(『コンジュレイション』『スレイヴズ・シャル・サーヴ』)をあわせ、ボーナス・トラックを追加したアルバム『アビュッスス・アビュッスム・インウォカト』。ナイン・インチ・ネイルズ、ヴェノム、ダンジグのカヴァーやライヴを収録。(2011年作品)



2019.1.30 ON SALE

名実ともに世界的な人気を誇り、エクストリーム・ミュージックのシーンを代表するポーランドのデスメタル・バンド、ベヒーモス。2枚のEP(『コンジュレイション』『スレイヴズ・シャル・サーヴ』)をあわせ、ボーナス・トラックを追加したアルバム『アビュッスス・アビュッスム・インウォカト』。ナイン・インチ・ネイルズ、ヴェノム、ダンジグのカヴァーやライヴを収録。(2011年作品)


■アーティスト:BEHEMOTH(ベヒーモス)
■タイトル:ABYSSUS ABYSSUM INVOCAT(アビュッスス・アビュッスム・インウォカト)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:CDVILED784J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■価格:¥1,750+税
■収録曲目:
1. Conjuration Of Sleep Daemons
2. Wish
3. Welcome To Hell
4. Christians To The Lions (Live)
5. Decade Ov Therion (Live)
6. From The Pagan Vastlands (Live) *Bonus Track
7. Antichristian Phenomenon (Live)
8. Lam (Live) *Bonus Track
9. Satan`s Sword (I Have Become) (Live) *Bonus Track
10. Chant For Exkaton 2000 E. V. (Live)
11. As Above So Below (Live) *Bonus Track
12. Slaves Shall Serve
13. Entering The Pylon Of Light
14. Penetration
15. Until You Call On The Dark
16. Demigod (Live)
17. Slaves Shall Serve (Live)
18. Lam (Live) (04:27)*Bonus Track

Behemoth - Conjuration ov Sleep Demons


Behemothは、1991年にポーランドのグダニスクで結成されたデスメタル・バンドだ。バンドの中心人物はヴォーカル&ギターのNergalで、母国ポーランドのみならず全世界で人気を博し、エクストリーム・ミュージックを代表する存在として活動している。1995年にデビュー・アルバム『Sventevith (Storming Near the Baltic)』をリリース。2004年の『Demigod』あたりからセールス的にも成功をおさめるようになり、2014年にリリースされた『The Satanist』は、Pitchforkで8.2/10点、SPINで8/10点を獲得するなど大きな評価を獲得。ポーランドのアルバムチャートでは1位を獲得し、アメリカ34位、イギリス57位等、世界的にブレイク。2018年にリリースされた目下の最新アルバム『I Loved You at Your Darkest』もポーランド4位、アメリカ85位、イギリス42位とヒットしている。当『Abyssus Abyssum Invocat』は2003年のEP『Conjuration』と2005年のEP『Slaves Shall Serve』を結合し、ボーナス・トラックを5曲追加したアルバムで、Nine Inch Nails「Wish」、Venom「Welcome to Hell」、Nefilim「Penetration」、Danzig「Until You Call on the Dark」といったカヴァーやライヴが収録されている。






2018-12-13 : Snapper Music :

■Fleurety | 2017年、17年振りに新作をリリースし話題となったノルウェーのアヴァンギャルド・メタル・バンド、フレウレティ。1995年にリリースされた彼らのデビュー・アルバム『Min Tid Skal Komme』にリマスターを施してリイシュー。【リマスター盤】



2019.1.30 ON SALE

2017年、17年振りに新作をリリースし話題となったノルウェーのアヴァンギャルド・メタル・バンド、フレウレティ。1995年にリリースされた彼らのデビュー・アルバム『Min Tid Skal Komme』にリマスターを施してリイシュー。【リマスター盤】


■アーティスト:FLEURETY(フレウレティ)
■タイトル:MIN TID SKAL KOMME(MIN TID SKAL KOMME)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:CDVILED778J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■価格:¥1,750+税
■収録曲目:
1. Fragmenter Av En Fortid
2. En Skikkelse I Horisonten
3. Hvileløs ?
4. Englers Piler Har Ingen Brodd
5. Fragmenter Av En Fremtid

Fleurety - Fragmenter Av En Fortid


Fleuretyは1991年に結成されたノルウェーのアヴァンギャルド・メタル・バンドだ。メンバーはノルウェーの伝説的なバンド、Mayhem のライヴ・ギタリストでもあったAlexander Nordgaren(G)とSvein Egil Hatlevik(Dr/Vo)で、1995年にデビュー・アルバム『Min Tid Skal Komme』をリリース。2000年にはセカンド・アルバム『Department of Apocalyptic Affairs』、2017年には17年振りとなるサード・アルバム『The White Death』をリリースし、大きな話題となった。当『Min Tid Skal Komme』は、今回のリイシューにあたり、バンドの長年のパートナー、Greg Chandler(Esoteric)がPrioryスタジオでリマスタリングを行った。






2018-12-13 : Snapper Music :

■Candlemass | 1984年にストックホルムで結成されたキャンドルマス。ドゥーム・メタルのパイオニアとして後年のバンドに多大なる影響を与えた彼らの1990年のライヴ・アルバム。ヴォーカルとしてメシア・マーコリンをフィーチャー。(1990年作品)



2019.1.30 ON SALE

1984年にストックホルムで結成されたキャンドルマス。ドゥーム・メタルのパイオニアとして後年のバンドに多大なる影響を与えた彼らの1990年のライヴ・アルバム。ヴォーカルとしてメシア・マーコリンをフィーチャー。(1990年作品)


■アーティスト:CANDLEMASS(キャンドルマス)
■タイトル:LIVE(ライヴ)
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■品番:CDVILED768J[国内流通仕様]※帯付で解説他は付きません。
■価格:¥1,750+税
■収録曲目:
1. The Well Of Souls (Live)
2. Dark Are The Veils Of Death (Live)
3. Bewitched (Live)
4. Solitude (Live)
5. Dark Reflections (Live)
6. Under The Oak (Live)
7. Demon`s Gate (Live)
8. The Bells Of Acheron (Live)
9. Through The Infinite Halls Of Death (Live)
10. Samarithan (Live)
11. Mirror Mirror (Live)
12. At The Gallows End (Live)
13. A Sorcerer`s Pledge (Live)

Candlemass は1984年にスウェーデンのストックホルムでべーシスト/ソングライターのLeif Edlingにより結成された。ドゥーム・メタルのパイオニアとして後年のバンドに多大なる影響を与え、2013年にはSweden Rock Magazineで「スウェーデンで最も偉大なHR/HMバンド」に選出された。当『Live』は元々は1990年にリリースされたアルバムで、ヴォーカルとしてMessiah Marcolinをフィーチャー。1986年のデビュー・アルバム『Epicus Doomicus Metallicus』と1987年のセカンド・アルバム『Nightfall』の楽曲が中心に収録され、収録は1990年にストックホルムのFryshusetで行われた。






2018-12-13 : Snapper Music :

■Frankie Cosmos | フランキー・コスモス、サブ・ポップからのデビュー作となった『ヴェッセル』のヨーロッパ・ツアーをアナウンス。



Apr. 01 - London, UK - EartH
Apr. 03 - Stockholm, SE - Melodybox *
Apr. 04 - Gothenburg, SE - Pustervik *
Apr. 05 - Oslo, NO - John Dee *
Apr. 06 - Aarhus, DK - Tape *
Apr 07 - Copenhagen, DK - Lille Vega *
Apr. 09 - Berlin, DE - Musik & Frieden
Apr.10 - Heidelberg, DE - Karlstorbahnhof, *
Apr.12 - San Sebastian, ES - Dabadaba *
Apr.13 - A Coruna, ES -Garufa Club*
Apr.15 - Lisbon, PT - ZDB *
Apr.16 - Madrid, ES - El Sol *
Apr.17 - Barcelona, ES - Razzmatazz 3 *
Apr.19 - Bologna, IT - Covo Club*
* w/ Ian Sweet



What “The People” are saying about Frankie Cosmos:
“Frankie Cosmos know how good it feels to acknowledge how epically, infuriatingly, beautifully helpless love can be.” [“Being Alive” Best New Track Review] - Pitchfork

“’Being Alive’ flutters like a heartbeat, careening in and out of heavy motion and rest.”
[“Being Alive” Track Review] - Stereogum

“The song has Kline wandering through apathy, thinking about the things she could’ve done if she’d had the energy or will, poking at her subconscious.” [“Jesse” Track review] - Noisey

“Kline has a keen, quick grip on the back-and-forth of modern uncertainty, swinging high from triumph to low-lit sorrow. It’s why she’s such a comfort to return to.” - 8/10 - Crack

“[Kline’s] anti-folk spirit remains alive on these 18 tracks, which range from 30-second sonic haikus to fully-fledged ’90s indie-pop duets.” - 7/10 Loud and Quiet

“While intimacy has found a large pop audience in the social-media era […] Kline’s disclosures are striking because they feel genuinely homespun.” - 4/5 Q Magazine

“Slight but powerful indie-pop” / “There’s great charm to these yearning tunes” - 8/10 Uncut

“Completely enchanting, it’s further proof that the band are one of the best” - Wonderland






続きを読む

2018-12-12 : Frankie Cosmos :

■Father John Misty | ファーザー・ジョン・ミスティ、カリフォルニアの山火事のベネフィット・コンサートを開催。Father John Misty、HAIM、Jeff Bhaske、Jonathan Wilson、Lucius、Mac DeMarco、Nate Ruess、Rivers Cuomo、Rostam、Tim Heidecker、Weyes Blood等が参加。



ファーザー・ジョン・ミスティ、Goldenvoiceとカリフォルニアの山火事のベネフィット・コンサートを開催。
Father John Misty、HAIM、Jeff Bhaske、Jonathan Wilson、Lucius、Mac DeMarco、Nate Ruess、Rivers Cuomo、Rostam、Tim Heidecker、Weyes Blood等が参加。







続きを読む

2018-12-12 : Father John Misty :

■Skinny Lister | 前作から約2年半、UKのベスト・ライヴ・バンドと評されるスキニー・リスターのニュー・アルバムが遂に完成。アークティック・モンキーズ等を手掛けたバーニー・バーニコットのプロデュースによる4枚目のアルバム『ザ・ストーリー・イズ・・・』、リリース。



2019.3.6 ON SALE

前作から約2年半、UKのベスト・ライヴ・バンドと評されるスキニー・リスターのニュー・アルバムが遂に完成。アークティック・モンキーズ等を手掛けたバーニー・バーニコットのプロデュースによる4枚目のアルバム『ザ・ストーリー・イズ・・・』、リリース。


■アーティスト:SKINNY LISTER(スキニー・リスター)
■タイトル:THE STORY IS...(ザ・ストーリー・イズ・・・)
■品番:XMR148CDJ[国内流通仕様]
■定価:¥2,100+税
■その他:付帯物未定
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Second Amendment
2. My Life, My Architecture
3. Diesel Vehicle
4. Rattle & Roar
5. Artist Arsonist
6. The Shining
7. The Story Is...
8. 38 Minutes
9. My Distraction
10. Stop & Breathe
11. Cause for Chorus
12. Alister McAllister
13. Sometimes So It Goes
14. Any Resemblance To Actual Persons, Living Or Dead, Is Purely Coincidental

Skinny Lister - The Story Is... (OFFICIAL VIDEO)


Skinny Lister - 38 Minutes (Official Video)


●グラストンベリー、コーチェラ、ボナルー、ワープド・ツアー、ワイト島フェスティヴァル、ラティテュード・フェスティバル、フジロック・フェスティバル、朝霧JAM他、世界各国の様々なフェスティヴァルでプレイ。Dropkick Murphys、Flogging Molly、Frank Turner等ともツアーをおこない、「UKのベスト・ライヴ・バンド」と評されるSkinny Listerのニュー・アルバムが遂に完成した。前作『The Devil, The Heart & The Fight』から約2年半振りとなる4枚目のアルバム『The Story is...』は、2019年3月、Xtra Mile Recordingsよりリリースされる。
●Skinny Listerは2017年7月より、ウェールズのRockfieldスタジオで新作のレコーディングを開始。2018年の6月にはサウス・イースト・イングランドのチャタム付近のBlue Bell Hillスタジオに場所を移し、アルバムを完成させた。プロデュースはBarny Barnicott(Arctic Monkeys、Coldplay、Stereophonics、The Enemy、The Temper Trap)で、ミックスも彼が手掛けた。2018年10月にはアルバムのタイトル『The Story is...』がアナウンスされ、同時にイギリス/ヨーロッパ・ツアーも発表。11月にはアルバムから「38 Minutes」のビデオが公開された。
●付帯物未定

【Skinny Lister / スキニー・リスター】
Skinny Listerはロンドンをべースに活動するブリティッシュ・フォーク・バンドだ。2009年、Daniel Heptinstall(Lead Vocals、Guitar、Stomp Box)、Lorna Thomas(Vocals)、Max Thomas(Melodeon、Mandolin、Vocals)、Sam Mule Brace(Guitar、Concertina、Vocals)等を中心に結成。2009年にiTunesで数曲を発表した後、2010年に2枚のEP(『Grand Union EP』『Home Made Tour EP』)をリリース。休むことなくライヴを行い、数多くのフェスティヴァルにも出演。その知名度を上げていき、2012年にはSunday Bestよりファースト・アルバム『Forge & Flagon』をリリース(アメリカでは2013年にSide One Dummyよりリリース)した。2013年にはFlogging MollyとUSツアーをおこない、コーチェラをはじめ様々なフェスティヴァルでプレイ。フジロック・フェスティヴァルにも出演した。2014年、バンドはDropkick MurphysやBoy Georgeのツアーをサポート。同年秋にはXtra Mile Recordingsと契約。朝霧JAMに出演し、ジャパン・ツアーも実施。これにあわせて、Flogging Molly 等も手掛けたTed Huttのプロデュースによるセカンド・アルバム『Down On Deptford Broadway』を日本先行でリリース。2015年春には『Down On Deptford Broadway』を米Side One Dummy、英Xtra Mile Recordingsよりリリースし、Frank Turnerの米英ツアーをサポートした。2016年秋にはサード・アルバム『The Devil, The Heart & The Fight』をリリース。Tristan Ivemy(Frank Turner)のプロデュースによるこのアルバムはUKインディ・チャートにもランクインし、アルバムのサポート・ツアーのロンドンでのショーはThe Independentのレヴューで5/5を獲得した。




2018-12-12 : Skinny Lister :

■Trapper Schoepp | 米ミルウォーキー出身のシンガーソングライター、トラッパー・ショエップのニュー・アルバムが完成。ウィルコのパット・サンソンのプロデュースでボブ・ディランとの共作曲「オン、ウィスコンシン」も収録されたサード・アルバム『プライムタイム・イリュージョン』、リリース。



2019.1.30 ON SALE

米ミルウォーキー出身のシンガーソングライター、トラッパー・ショエップのニュー・アルバムが完成。ウィルコのパット・サンソンのプロデュースでボブ・ディランとの共作曲「オン、ウィスコンシン」も収録されたサード・アルバム『プライムタイム・イリュージョン』、リリース。


■アーティスト:TRAPPER SCHOEPP(トラッパー・ショエップ)
■タイトル:PRIMETIME ILLUSION(プライムタイム・イリュージョン)
■品番:XMR145CDJ[国内流通仕様]※国内流通仕様は帯付で解説他は付きません。
■価格:¥2,100+税
■収録曲目:
1. Shakedown
2. It’s Over
3. Drive-Thru Divorce
4. Freight Train
5. What You Do To Her feat. Nicole Atkins
6. If All My Nines Were X’s
7. Backup Plan
8. Sleight of Hand
9. TV Shows
10. My Comrade
11. On, Wisconsin

Trapper Schoepp • "On, Wisconsin" • (Official Audio)


Trapper Schoeppは米ウィスコンシン州ミルウォーキー出身のシンガーソングライターだ。2008年に活動を開始し、2009年には『Lived And Moved』を自主リリース。2011年にGood Land Recordsから発表したデビュー・アルバム『Run, Engine, Run』が話題を呼び、同作は2012年にSideOneDummy Recordsより再リリースされた。2016年にはXtra Mile Recordingsよりセカンド・アルバム『Rangers & Valentines』をリリース。Brendan Bensonのプロデュースによるこのアルバムは、Billboardのベスト・オブ・ザ・ウィークに選ばれ、Relixも「ちょっとしたマスターピース」と評し、大きな話題となった。また、活動開始以来、The Wallflowers、Old 97's、The Jayhawks、Soul Asylum、Social Distortion、Frank Turner等とツアーも行っている。当『Primetime Illusion』はTrapper Schoeppのサード・アルバムとなる。Wilcoのマルチインストゥルメンタリスト、Pat Sansoneのプロデュースで、光り輝くピアノ、響きあるギター、鮮明なヴォーカル・ハーモニー等、70年代のローレル・キャニオン・サウンドを想起される内容に仕上がっている。全11曲が収録され、うち10曲がオリジナル。アルバムの一つのハイライトとなる11曲目の「On, Wisconsin」は、11月13日にRolling Stoneが報道したように(https://www.rollingstone.com/music/music-news/how-a-wisconsin-singer-got-a-bob-dylan-co-writing-credit-for-obscure-1961-song-754945/)、Bob Dylanとの共作曲になる。これは1961年にBob Dylanが書くも未完成となっていた詞に、Trapper Schoeppが詞を追加して、作曲をおこなった楽曲だ。
「劇的に魅力的なシネマティック・ロック」(NPR MUSIC)
「マスター・ストーリーテラー」(HUFFINGTON POST)
「70年代のシンガーソングライターのサウンドを新鮮に温かく取り入れている(BILLBOARD)




2018-12-11 : Xtra Mile Recordings :
« 前のページ  ホーム  次のページ »





プロフィール

BIG NOTHING CO LTD.

Author:BIG NOTHING CO LTD.
http://www.bignothing.net

最新記事

カテゴリ

検索フォーム